ページの先頭です 本文へスキップ

ホームみなとみらい本町小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

更新情報

【4年生】土壌混合法出前授業

2020年9月20日

 9月10日(木)、資源循環局による土壌混合法の出前授業が行われました。土壌混合法の説明の後、実際に学校給食の残菜(ニンジンの皮やキャベツの芯など)を土と混ぜる体験をしました。残菜は、土と混ぜることで、バクテリアによる自然の力により分解されるそうです。残菜の中にも、分解しやすいものと分解しづらいものがあるようで、分解していく変化を、これから観察を通して知っていくことになります。土壌混合法を通して、給食や家庭で出る残菜や食べ残し、さらには世界中で起きている食にまつわる問題にも関心を高めてほしいと思います。 

 

【4年生】MMHトリエンナーレ

2020年9月20日

 紙風船の作品を中央階段横に展示することにしました。これらの紙風船は、8月25日に行われたヨコハマトリエンナーレとのコラボ授業の際に、アーティストのさとうさんと一緒に作ったものです。作品展の名前は、ヨコハマトリエンナーレをなぞって『みなとみらい本町小トリエンナーレ』。実行委員を中心にして、展示の仕方を考えたり全校放送で展示について紹介したりしました。ご来校の際は、ぜひご覧ください。

【4年生】移動リサイクル教室

2020年9月20日

 9月4日(金)、横浜市資源リサイクル事業協同組合による出前授業「移動リサイクル教室 ~君も”もったいない達人”にならないか!~」が行われました。ごみの分別体験を通して、リサイクルについて理解を深めたり、簡単な劇に挑戦することで、江戸時代のリサイクルについて知ったりと、リサイクルについてじっくりと考えるよい機会となりました。講師の栗原さんの言葉に耳を傾けるだけでなく、授業後に質問をする熱心な子もいて、あっという間の2時間でした。

【1年生】WFPの方による講演

2020年9月17日

 9月16日(水)に国連WFPの佐藤さんをお招きし、子どもたちにお話をしてもらいました。「世界の中には給食が当たり前に食べられない人がいる」という話に驚いている子どもたちがたくさんいました。「ぼくたちにできることはないかな」と各クラスでの振り返りで話が出て、お話を聞いた当日の給食は「みんな、給食を残さず食べるぞ!」と、子どもたちも食への意識が変わっている様子が見られました。これからも学校や家庭で自分たちができることはないかを考え、取り組んでいきます。

本の贈呈式

2020年9月16日

 9月4日(金)横浜MM21ローターリークラブさんから寄贈本をいただき、本の贈呈式が行われました。寄贈された本はなんと100冊以上。学校図書館に並べられた本の前で、図書委員会の子どもたちが一人ひとり、読んでみたい本を紹介しました。「プラスチック・スープの地球」や「地球が危ない!プラスチックごみ」などSDGsに関連する本、「天と地の方程式」や「ハートウッドホテル」など読み応えのある物語など様々な種類の本があります。子どもたちの興味や知識を広げるすてきな本の寄贈をありがとうございます。子どもたちの学習や読書生活に生かしていきます。

 

 

 

 

色分け集会

2020年9月11日

 9月11日(金)にテレビ放送で色分け集会がありました。応援団の団長の二人がくじを引いて、赤白を決めました。今年はAチーム赤、Bチーム白になりました。応援団の二人の掛け声に合わせて、「おー!」という掛け声が各教室に響きました。今年の運動会スローガンは「赤白みんなで 心を一つに 全力で」。みんなで力を合わせて、最高に運動会にしていきます。

【2年生】つづきえ どんどん

2020年9月4日

 

図工の学習で、「つづきえ どんどん」をしました。

 

正方形の画用紙に絵を描いて、物語を作っていきました。

想像をふくらませて、上下左右斜めにおはなしがどんどん広がっていきました。

 

長い紙に子どもたちの作品を貼ると、みんな「すごい!」「なんだか楽しいね!」「もっとやりたい!」ととても喜んでいました。

 

授業参観などで来校された際は、ぜひ3階、階段横の広場にお立ち寄りください。

さまざまな物語がみなさんをお待ちしております。

 

【1年生】ヨコハマトリエンナーレとのコラボ授業

2020年9月2日

 8月25日(火)、ヨコハマトリエンナーレとのコラボ授業を行いました。アーティストのさとうりささんが展示してくれた作品を見たり触ったりして、「ピーナッツみたい!」「すごい!ふわふわだ!」と、驚きを隠せない子どもたち。「どうやってつくったんですか」「こうじょうでつくったんですか」と、たくさんの質問をしていました。美術館のスタッフの方々と作った紙風船には、それぞれの子どもが自分の思い思いの模様を描き、出来上がった自分のアート作品に親しみを持っていました。終わった後も「また紙風船を作ってみたい」「今度は横浜美術館に行ってみたい」と、今回の貴重な経験から学ぶことがたくさんあったようです。作った紙風船は中央階段を上った2階正面に飾っていますので、ご来校の際はぜひご覧ください。

 

 

【6年生】総合的な学習スタート

2020年9月1日

総合的な学習がスタートしました。

今年度は、昨年度の学習を引き継ぎ、学年全体で活動に取り組むことになりました。

まずは、高島水際線公園の環境を校内のみんなに、

まちのみなさんに知ってもらおうという思いから、

学校に海水槽(海水の入っている水槽)を作ろうという企画です。

高島水際線公園には、海の生き物が住処としているだけでなく、

マイクロプラスチックの問題を身近に感じることのできる公園です。

そんな公園だからこそ、校内の在校生のみんなやまちの人に知らせる価値があると考えています。

 

4年生の時から、何度も足を運び、6年生にとっては馴染みのある公園。

そこにある環境や海の水辺の生き物を紹介できるような水槽を目指しています。

また、自分たちが卒業した後も引き継いでいけるように「持続可能な水槽」にするにはどうしたらよいかを考えています。

 

先週、ARU生き物コンサルタントの青木様をお招きし、

海水槽を作ったり、維持したりするために必要なものや管理の仕方などについてご指導いただきました。

それを踏まえ、自分たちなりに考えた水槽のアイデアをお伝えし、

可能な限り、再現できるかどうかを相談させていただきました。

 

自分たちの思いが詰まったすてきな水槽!

まだまだ調査や工夫が必要そうです!!

 

 

 

 

 

 

【3年生】 社会科見学へ行ってきました

2020年9月1日

 9月1日(火)に社会科見学でランドマークタワー69階展望フロアへ行ってきました。当日は曇り空で、この時期にしては気温も少し低く、児童も道中歩きやすかったようです。

 高速エレベーターに乗るところからドキドキし、展望フロアに着いたときには「わあ、すごい。」と歓声があがりました。雲が多く、遠くの景色は見えませんが、自分たちのまちを見渡すのには十分でした。

 

 

 社会で学習したことをもとに、自分たちが住むまちの様子を見ることができました。建物に注目する児童もいれば、高速道路や線路のつながり方に注目している児童もいました。

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる