ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム東品濃小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
ここから大分類内のメインメニューです

 

 

リンク集

横浜市教育委員会

Y・Y NET

横浜市立小学校
空気の見える化プロジェクト


横浜市教育委員会では、横浜市立の小・中・義務教育・特別支援・高等学校の教員等の出産休暇や病気休暇の代替またはサポート(担任補助)等として、臨時的任用職員・非常勤講師(職員)を随時募集しています。詳しくはこちらをご確認ください。

 

メインメニューはここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

 

当サイトに掲載されている画像やテキスト等の無断転載・無断使用・引用を固く禁じます。

Unauthorized reproduction,unauthorized use,

or quotation of images and texts posted on this site is strictly prohibited.

更新情報

4月12日 給食が始まりました

2024年4月12日

子どもたちが待ちに待っていた給食がスタート。本日のメニューは、ごはん・生揚げのそぼろ煮・磯香あえ・牛乳でした。栄養満点ですね。

1年生は初めての給食。給食当番の子どもたちは、入学直後にもかかわらず頑張っていました。級外職員や支援員のサポートもあり、無事に配膳を終えることができたようです。「校長先生、これ(生揚げのそぼろ煮)が美味しい。もっと食べたいな。」と満面の笑み。

今年度も、食缶返却時に給食室で声をかけていますが、昨年度のはじめの頃に比べると、とてもスムーズ。プラごみを1つの袋にまとめる工夫が見られました。また、「ごちそうさまでした」の挨拶だけでなく、お辞儀が上手なクラスもありました。

4月11日 6年・こんな6年生に・・・

2024年4月11日

 

体育館に行くと、6年生が学年集会中。真剣な眼差しで担任の話に耳を傾けていました。しばらく様子を見ていると、6年生がかかわる行事や様々な活動を確認した後、『どんな6年生になりたいか』について意見を出し合っていました。「1年生に優しい6年生」「下級生のお手本になる6年生」「切りかえができる6年生」「ヒガシナのバトンを受け継ぎ、下級生につなぐ」等、最高学年としての意識の高まりを感じる瞬間でした。今後は実行委員が中心となって話し合い、学年目標を決めていくことになりました。小学校生活最後の年をどのように創り上げていくのかが楽しみです。最高学年になってからは、登校時に元気なあいさつが返ってくるようになってきています。“ひ・が・し・な” の姿を目指し、ヒガシナのリーダーとして活躍してほしいと願っています。

4月10日 4組・「みんな、よろしくね!」

2024年4月10日

新しい友達が仲間入りした4組。使用する教室も増え、ゆったりと学ぶことができる環境が整いました。教室では、『朝の会の進行の仕方』を丁寧に確認。上級生がお手本を見せる場面も見られました。また、『なかよしすごろく』をして楽しんだり、『持ち物の確認』をしたりと、思い思いの時間を過ごすことができたようです。本日の朝は、上級生2人が校長室に来て、『天気と曜日のカード』を新しいものに交換してくれました。今年度も続けてくれるのかどうか聞いてみると、元気よく「今年も、毎日ぼくたちがやります。」と答えてくれました。頼もしいですね。今年度も、ルールを守り、みんなで助け合いながら、素敵な学校生活を創り上げてほしいものです。

4月9日 1年生・初日の教室では…

2024年4月9日

入学式を終えた1年生。わくわくドキドキしながらの登校だったことと思います。初日から雨が降る中でしたが、正門で出会った際には「おはようございます。」と、元気なあいさつが返ってくる子もいました。さすが、ヒガシナの新1年生。あいさつは、入学式で話した『3つの大事なこと』の1つ目です。明日からも楽しみにしていますね。

教室での様子を見に行ってみると…。ランドセルをロッカーに入れたり、連絡帳の使い方を教えてもらったりしながらも、「もうできたよ。だって、1年生になったんだもん。」「あっ、入学式で話をしていた人だ。」「園長先生だ。」「違うよ、校長先生でしょ。」と、笑顔あふれる表情が微笑ましかったです。毎年のことですが、子どもたちは直ぐに成長することはありません。様々な “ひと・もの・こと” と豊かにかかわり、じっくり考えながら、時間をかけて少しずつ、着実に成長していくものです。ご家庭でも、温かな目で子どもたちの成長を見守ってほしいと願っています。

4月8日 令和6年度スタート

2024年4月8日

新たに仲間入りした子どもたちを迎え、新体制での新しいスタートを切りました。着任式では、本校に異動になった職員を紹介。始業式では、代表児童の6年生が今年度の抱負を堂々と述べました。一部を紹介します。「私は、優しさがあふれる学校になったらいいなと思っている。ヒガシナ全体に優しさがあふれるためには、最高学年の私たちが下級生のお手本として、助け合いを大事にしていくべきだと思う。自分の身近な友だちやクラスから、学年全体、下級生、そして学校全体というふうに優しさを広げていきたい。私たちができることは、小さな事柄一つ一つを気にかけること。…誰かが忘れ物をしたら貸してあげたり、落とし物を見つけたら拾ってあげたり、困っている人を見つけたら声をかけて助けたりできると思う。…卒業生から受け取ったバトンを引き継いで、下級生全員に優しくすることを心がけて、最後の学校生活を送りたい。」ぜひ、実践してほしいと願っています。

入学式では、3つの大事なこと(あいさつする・やってみる・かんがえる)を伝えました。ハートちゃんからは校歌の紹介があり、新入生の入学を歓迎してくれました。新入生の皆さん、学校中を探検してハートちゃんを見つけてくださいね。

保護者の皆様をはじめ、学校運営協議会、ヒガシナレジャー、PTA、地域、近隣の学校園の皆様、本年度もどうぞよろしくお願い申し上げます。

4月5日 来週から新年度

2024年4月5日

こんにちは。いよいよ来週から新年度がスタートします。在校生のみなさんは、新しい友達や先生との出会いを楽しみにしていることでしょう。そして、新入生のみなさんは、ドキドキ・わくわくしていることと思います。東品濃小では、サクラ・チューリップ・パンジーなどの花々が、職員と共にみなさんを心待ちにしています。気持ちのよい「おはようございます。」の挨拶が楽しみです。時間があったら、“ヒガシナぬりえ” をしてみてくださいね。

ヒガシナぬりえ.pdf [547KB pdfファイル] 

 

さて、本日は新6年生が入学式・新年度へ向けた準備をしてくれました。1年生の教室や体育館だけでなく、昇降口やホールなどの環境整備を熱心に取り組む姿が見られました。『ヒガシナのすてき』ですね。「最高学年だと思うと、ちょっと不安。」「ヒガシナの根として全校をリードしていきたい。」等、様々な心境の様子。キラキラ輝く瞳が印象的でした。

3月25日 令和5年度ゴールイン

2024年3月25日

霧が立ち込めたヒガシナの朝。環境委員会の子どもたちと環境レンジャーの方が一緒に植えた花々、そして、シジュウカラやエナガの囀りが、最終日の子どもたちを迎えてくれました。1年生が近隣の園児と一緒に植えたチューリップも蕾が大きくなり、新1年生の入学を待っているかのよう。

修了式では、代表児童が作文を発表。一部を紹介します。

1年生…「…給食が苦手だったけど、全部食べたいという気もちがあったので、自分で食べられる量を考えながら少しずつ食べてみた。なかなか完食はできなかったけど、全部食べることができた日は、びっくりするほど嬉しくなった。すると、不思議と完食が連続してできるようになった。…ぼくの母は図書レンジャー。どの本を読もうかとぼくたちのことを考えて選んでいて、すごいなと思った。…」

5年生…「…総合の活動では、たくさん話し合いをした。改善案を出し合い、すぐに実行に移せるようになり、他の授業の時の話し合いの質が高まったと思う。総合で成長できたところは、6年生になったら生かせることが多いと思う。…」「…これまで、クラスは楽しいことばかりではなく、大変なこともたくさんあったが、クラスの仲間と一緒に乗りこえてきたことが、とてもいい思い出。5年生での貴重な経験を生かし、最高学年として学校全体がつながれるように頑張っていきたい。」「…今年の総合を通して、まわりには僕たちを支えてくれている人がたくさんいるということ、みんなで力を合わせることで大きな目標を達成できることを学んだ。…」

いずれの作文からも、『ひ・が・し・な』に近づいてきた様子が伝わってきますね。“ヒガシナのすてき” です。

保護者の皆様をはじめ、学校運営協議会、PTA、ヒガシナレジャー、地域、近隣の学校園等すべての皆様のご支援・ご協力に感謝申し上げます。今年度は、毎日1トピックを取り上げ、子どもたちやヒガシナの様子をお伝えしてきました。ホームページをご覧くださり、ありがとうございました。本日で終了となります。

3月22日 1年生・新入生のみんな、待っているよ!

2024年3月22日

入学式から1年が経った1年生。幼稚園・保育園から小学校への入学は、とても大きな環境の変化であったと思います。教室で共に過ごす人数も大幅に増え、国語や算数といった学習が始まりました。集団行動を通して、ルールやマナーも身に付けてきました。立派に成長した子どもたちは、“ヒガシナのすてき” です。新入生のために、『たのしい がっこうたんけん』『がんばる うんどうかい』『たのしい プール』等の絵カードを一生懸命作った1年生は、立派なお兄さん・お姉さん。たくましく見えますね。「新しい1年生が入学してくるのが楽しみ。」「ヒガシナのことを教えてあげるんだ。」と、にこにこ笑顔で話してくれました。

3月21日 5年生・今日からヒガシナのリーダー!

2024年3月21日

 

卒業式へ向けた準備では、黙々と掃除をしたり整頓をしたりする姿が見られた5年生。いよいよ今日からは、ヒガシナの最上級生となりました。今の気もちを聞いてみると、「6年生がいないと、何か変な感じがする。」「自分たちががんばらなきゃって思う。」という声。中休みには、「6年生が卒業してしまったので、放送をするために放送室の鍵を借りに来ました。」と、自主的に行動する姿が素敵です。こうして、6年生から5年生へとバトンが受け継がれていくのですね。

3月19日 卒業式

2024年3月19日

6年生の卒業を祝うように、正門近くのコブシが可憐な白い花を咲かせています。本日の卒業式は、厳かな雰囲気の中、来賓の皆様のご臨席のもと挙行することができました。卒業証書授与、門出の言葉・歌、退場などの際に見せる様々な表情が印象的でした。小学校卒業という新たなスタートラインに立った卒業生の皆さんには、今年の総合で培ったことを様々な場面で思い出し、『色々なことがあるからこそ、彩り豊かな人生を創り上げることができること』を忘れないでほしいと願っています。その時の状況に応じて、どんな行動をしようかと考えながら毎日過ごす姿を祈りつつ、今後の皆さんの活躍をずっと応援しています。卒業おめでとう。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる