ここ横浜にも、令和3年の春は少し早く訪れ、南高校・南高校附属中学校の桜はすでに満開を過ぎています。この4月、南高68期生、南高附属中10期生を迎え、全校生徒1,058名で教育活動をスタートさせます。

 本校では、教育理念を「知性・自主自立・創造」とし、その理念を実現させるための目標として「学びへの飽くなき探究心を持つ人材の育成」「自ら考え、自ら行動する力の育成」「未来を切り拓く力の育成」を掲げています。心身ともに成長する中学生、高校生の時期に、豊かな人間性を身に付け、社会で活躍できる人材の育成を目指した教育を推進しています。

 変化の激しい時代を生きるためには、一つの価値観だけにとらわれず、多面的かつ柔軟に物事を分析する力が必要です。その意味では、6学年の生徒が一緒に学校生活を送り、様々な生徒との出会いの中で、切磋琢磨しあう関係を築くことができることは、本校の魅力の一つに挙げられます。生徒のみなさんには、互いに学び合い、高め合える関係づくりを期待しています。

 

 昭和29年創立の本校は「南高(なんこう)」という呼び名で、地域の方々から長きにわたり愛され、丘陵地のランドマークとして伝統を積み重ねてきました。平成24年からは中高一貫教育校として、新たなステージに進んでいます。これからも、目の前の一人ひとりの生徒の成長を大切にしながら、常に前に進み続ける学校づくりを行ってまいります。

 

 このWebページでは、教育活動の全般について、生徒たちの取組を中心に紹介させていただきます。本校の教育活動について、ご理解を深めていただく一助になれば幸いです。

令和3年4月1日