ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム南高等学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

横浜市立南高等学校 校舎の写真

更新情報

学校説明会

2017年10月12日

《平成29年度-学校説明会の日程》

第2回 10月28日(土)
  時間: 9時30分~12時00分
  対象: 中学校3年生とその保護者 中学2年生とその保護者
  場所: 本校

  要項はこちら [419KB pdfファイル] 

  インターネットによる申込はこちら

      FAXによる申込書はこちら [58KB pdfファイル]         


第3回 12月2日(土)
  時間: 13時00分~15時30分
  対象: 中学校3年生とその保護者 中学2年生とその保護者
  場所: 本校
 

第1回 8月19日(土) 終了いたしました。ご来校ありがとうございました。
  時間: 9時30分~12時00分
  対象: 中学校3年生とその保護者 中学2年生とその保護者
  場所: 本校
 

平成29年度のポスターです。

 

SGH発表会

2017年10月12日

SGH研究発表会のお知らせ

平成29年11月10日(金曜日)13時から横浜市立南高等学校ホールならびにアリーナにて「SGH研究発表会」を開催いたします。

学校関係者のみの参加となりますが、ご参加いただける方は詳細をご確認のうえFAXによりお申し込みください。

詳細はこちら[240KB pdfファイル] 

FAX用紙はこちら [99KB pdfファイル] 

なお、保護者の方は後日配布される案内をご確認のうえ、参加申込書を担任にご提出ください。

 

平成29年1月21日(土曜日)にSGH1月研究発表会を開催しました。

第1部 全体会

GLP(グローバルリーダープロジェクト)のメンバーによる研究発表

国内イマージョン研修報告(新潟県 国際大学)

国内イマージョン研修報告(秋田県 国際教養大学)

第2部 ポスターセッション

テーマ:「東南アジア研究~東南アジアの現状から学ぶこと・考えること」

第3部 講評

横浜市立大学の先生方にご講評をしていただきました。

 

 

 

平成28年11月17日(木曜日)にSGH課題研究発表会を開催しました。

全体会

TRYの活動報告

ACTの活動報告

シンガポール海外イマージョン研修報告

ベトナム海外イマージョン研修報告

 

 

ポスターセッション

63期(1年生)発表

テーマ「文化の違う人達と一緒に仕事をするには」

62期(2年生)発表

テーマ「東南アジアの課題を解決するためのビジネスアイデア」

たくさんの方にご来校いただき、アドバイスもたくさんいただけました。

ありがとうございました。

学校行事等 平成29年度

2017年9月14日

9月11日 南高祭が閉幕

3日間にわたって開催された南高祭(舞台の部、展示の部、後夜祭の部)が終了し、後片付けと閉会式が行われました。準備と同様に、全校生徒で一斉に作業にあたり、南高祭が行われていたのが嘘のように、あっという間に元の学校に戻りました。

南高・附属中生のエネルギーとおもてなしの心があふれる素晴らしい南高祭となりました。本当におつかれさまでした。

一般公開の2日間で、8000人以上の方々にご来場いただきました。ご来場くださった皆様、本当にありがとうございました。

 

 

9月9日(土)、10(日)南高祭を一般公開します。

OPEN 9:30 CLOSE 15:30

*駐車場はございませんので、公共の交通機関でお越しください。

 

 

6月6日(火曜日)

第64回 南高祭体育祭の部が無事に開催されました。

 

6月5日(月曜日)

3年生(62期)と2年生(63期)が6限7限で大学別説明会を行いました。

28校の大学の方に来ていただき、学校の様子や受験勉強のアドバイスをしていただきました。

受験生である3年生と、2年生が合同で行ったことにより互いによい刺激となりました。

 

↑大会議室での説明会の様子です。

 

↑HR教室でも行いました。

 

5月30日(火曜日)

2年生(63期)が7限のLHRで模試解説会を行いました。

 

↑数学の解説会の様子です。 

↑英語は南校ホールで行いました。

 

4月25日(火曜日)

2年生(63期)が7限のLHRで進路ガイダンスを行いました。

各教科担当からの話を熱心に聞いていました。

 

4月6日(木曜日)

第64回入学式が行われました。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる