学校のあゆみ 

 校名の由来

校名の由来は地名よりとり,

相模国(さがみのくに)のはずれの沢地だったことから相沢と名付けられた。

 

 開校

昭和43年4月1日

開校記念日 昭和43年4月1日

 

開校記念日は発足当時,分校として授業を開始した5月1日を以て,

暫定的に創立記念日としてきたが,

その後教育委員会の見解に基づき,

創立記念日を開校記念日に統一することになり,

改めて本校の開校記念日を,

校地決定後,起工式が行われた日(11月22日)を以て,

定めることとなった。

 

 開校に至る概況

 瀬谷小学校の学区域は,

校外住宅地として急激に発展し,児童数が急増したため,

南瀬谷小・瀬谷第二小とつぎつぎに分校を設置し,独立開校させたが,

焼け石に水,児童数は2300名という膨大な数で,依然マンモス校であった。

そこで地域の住民は相沢方面校設置委員会を結成して,

細谷戸住宅を中心に分校設置運動を起こした。

その努力が実り,

昭和42年4月1日,相沢分校が設置され,

5月1日,1・2・5年の学年分校として授業を開始した。

続いて施設の充実に伴い昭和43年4月1日横浜市立相沢小学校として独立開校した。