ページの先頭です

ホーム

 

65th Anniversary

創立の頃(1957年)

創立10周年の頃(1967年)

創立15周年の頃(1972年)

創立20周年(1976年)

創立40周年(1997年)

創立50周年(2007年)

創立55周年(2012年)

創立60周年(2017年)

創立64周年(2021年・サマチャレ作品)

 

 

Four Seasons

 

グリーンロードの藤棚(4月)

桜満開 3月29日

東門のユキヤナギ(3月)

職員室前花壇(3月)

 

リンク集

横浜市教育委員会

Y・Y NET

 

南希望が丘中学校ブロック

南希望が丘中学校

 善部小学校.

 

希望小文化スポーツクラブ 

 

 

臨時的任用職員・非常勤講師等の募集

横浜市教育委員会では、横浜市立の小・中・義務教育・特別支援・高等学校の教員等の出産休暇や病気休暇の代替またはサポート(担任補助)等として、臨時的任用職員・非常勤講師(職員)を随時募集しています。

 

"希望未来 笑顔いっぱい希望ケ丘"

 

日頃より学校H.Pをご覧いただき、ありがとうございます。

更新情報

3日(水)から5日(金)、ペア学年ごと大繩集会を行いました。それぞれの学級で目標を立てて、その目標回数を超えられるように頑張りました。ペア学年同士で応援し合ったり、6年生が1年生の縄を回してあげたりする様子が見られました。

4日(木)の3校時、家庭科室で火災が発生したという想定の避難訓練を行いました。本来は校庭までの避難を予定していましたが、熱中症指数が高かったため廊下までの避難となりました。非常放送を聞き、さっと廊下に避難することができました。

27日(木)プール開き集会を行いました。スポーツ委員会の児童が進行し、代表児童が学習の抱負を発表しました。また、5年生が昨年度に引き続いて『ウェインズトヨタ神奈川』の方々をお招きし、福祉車両の見学車いす体験を行いました。体が不自由な人のための車の機能や、車いすの介助の仕方について、体験を通して学びました。

28日(金)個別支援級が、手の巧緻性を高める学習に取り組みました。折り紙の折り方と切り方を工夫し、広げるとつながっている切り絵を楽しんでいました。4年生は、「雨水のゆくえと地面のようす」の学習で校庭の砂と砂場の砂の水の浸み込み方の違いを実験しました。砂による水の浸み込み方の違いに驚いていました。

25日(火)の朝会では、国際平和スピーチコンテストの区審査会に出る6年生の代表児童が、リハーサルもかねて全校児童の前で発表しました。堂々と発表をし、大きな拍手が起こりました。そして、翌日に旭公会堂で行われた区の審査会でも、練習の成果を生かし、なんと区の代表に選出されました。この後、7月23日(火)に行われる本選に出場します。

26日(水)、4年生は、社会科の授業の一環で、資源循環局旭工場の見学に行きました。積極的に質問したり、工場の中の様子や展示品を興味深く見学したりしていました。

学校内に、子どもたちの元気な声が響き渡っています。個別支援級では、音楽の授業で、音楽専科の伴奏に合わせ、体を大きく動かしながら歌っていました4年生は、体育で鉄棒を行いました。みんなの前で、一つひとつの技に丁寧に取り組みました。5年生の教室からは、英語が聞こえてきました。外国語の授業では、みんなの前で自分の誕生日誕生日プレゼントについて、英語で紹介しました。隣のクラスでは、国際理解教室でマレーシアについて学びました。マレーシアの料理について知り、実際にマレーシアの料理で使われている香辛料のにおいを嗅いでみました。どの子も関心をもって学習に取り組みました。

13日(木)、1年生と4年生が、交通安全協会の方を招き、PTA校外委員さんの協力を得て『はまっこ交通安全教室』を行いました。1年生道路の安全な歩き方について、4年生安全な自転車の乗り方について学びました。自動車の巻き込み実験や衝突実験では、子どもたちからは驚きの声も上がっていました。

15日(土)は、土曜参観を行い、多くの保護者に来校いただきました。体育館では、旭警察スクールサポーターや少年補導員による犯罪防止教室を開催しました。子どもだけなく家庭でも防犯意識を高めてほしいと思います。放課後は、PTA主催の『日本舞躍・歌舞伎 鑑賞体験会』を行い、多くの児童が参加しました。日本の伝統芸能に触れる良い機会となりました。

低学年が図工の学習を楽しんでいました。1年生は、「つちやすなとなかよし」の学習に取り組みました。砂場で裸足になり、手や足を使って砂の感触を楽しみながら造形遊びをしました。2年生は、色画用紙の輪飾りを作り装飾を工夫して楽しむ「わっかでへんしん」を行いました。完成後には、ファッションショーを行いました。3年生は、粘土で自分の住みたいまちを作りました。思い思いの「ねん土マイタウン」が完成しました。6年生は、社会科の学習の一環として、選挙の仕組みを学び体験する『給食選挙』を行いました。区役所から投票箱等を借り、実際の選挙のように行いました。投票で選ばれた冷凍ミカンは、8月末の給食のメニューとして実際に出されます。

3年生から、ソプラノリコーダーの本格的な学習が始まります。音楽ボランティアの方々に来校していただき、指使いなどを丁寧に教えていただきました6年生は、税理士をお招きし、租税教室を行いました。各国の消費税率の違いに驚くとともに、税金で賄われているものについて学び、税金の意味について考える良い機会となりました。4年生から6年生は、クラブ活動が始まりました。初回の今日は、部長の決定活動計画を立てるなどの活動を行いました。

6月2日が開港記念日です。本校では5月31日(金)に開港記念集会を行い、日本に初めてひかれた鉄道についてクイズにして全校で楽しんだり、横浜市歌を合唱したりして、開港を祝いました。また、5月30日から体力テストを行っています。低学年は高学年に計測の手伝いをお願いし実施しました。高学年がやさしく声をかけたり見本を見せたりする様子も見られました。朝会では、学校長から体力テストは友達と競うものでなく前年の自分の記録を上回るように頑張ってほしいと話がありました。

先週までスポフェス一色でしたが、今週はどの学年も落ち着いて学習に取り組みました。1年生は、図工でスポフェスの思い出を絵に表しました。楽しそうにクレヨンで描いていました。2年生は、音楽の授業で鍵盤ハーモニカを使い、「かえるの合唱」の演奏をしました。指の動かし方を意識しながら、真剣に演奏していました。3年生は社会科で、希望が丘のまちの特徴をまとめました。地図アプリを使って自分の家の周りを調べる子もいました。4年生は、社会科の「水はどこから」の学習で、水道局の方を招き『出前水道教室』を行いました。緑のダムとしての森林の役割や浄水場の仕組みについて学習しました。30日(木)は、集会イントロクイズを行いました。スポフェスで使用した楽曲だったので、どの子も耳にしていたので、元気に答えていました。

5月25日(土)「希望っ子スポーツフェスタ」が開催されました。コロナも落ち着き、今年度から保護者の参観制限もなくなり、また全校種目の大玉送りも数年ぶりに実施されました。低学年の1・2年生はかわいらしいダンスを、3年生は縄跳び・4年生はボールと、中学年は手具を使った演技を行いました。そして、高学年である5年生は力強いソーラン節を、6年生はしなやかな動きの飛翔を披露しました。子どもたちは多くの参観者の前で、力いっぱいの演技を披露することができました。高学年の児童は、自分たちの種目・演技だけでなく係活動にも熱心に取り組みました。今年度のスポフェスは黄色組が優勝しましたが、『みんなで走れ・おどれ・笑いあえ 勝っても負けても最初で最後のスポーツフェスタ』というスローガンの通り、どの子も全力を出し切り、充実した1日となりました。PTAボランティアとうちゃんの会の方々のお手伝いのおかげで、スムーズな運営ができたことに感謝します。