~令和4年度のテーマは「前進」~

  今年度、着任2年目となりました世古 正樹(せこ まさき)です。開校3年目という新しい学校で、今年度も子どもたちや教職員、保護者の皆様、地域の皆様と一緒に新しい歴史を築いていくことができ、大変嬉しく思っております。学校運営に精一杯努めて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 上菅田笹の丘小学校は、上菅田小学校と笹山小学校の統合が決定した10月26日を創立記念日として、令和2年4月1日に開校しました。令和4年度は、児童数954人、36学級でスタートしました。平成30年に策定された「横浜教育ビジョン2030」では、「自ら学び 社会とつながり 共に未来を創る人」が、横浜の教育が目指す人づくりとして示されています。それを上菅田笹の丘小学校の教育活動で具現化するために、学校教育目標 “自分大好き 仲間大好き 心かがやく 上菅田笹の丘小学校”を目指し、学校と家庭と地域が連携・協働して取り組んでいく学校経営を進めて参ります。

 学校教育目標の実現に向けて、本年度は、子どもたちの「自己肯定感」を高めることを大切にしていきたいと思っております。「自己肯定感」とは、「ありのままの自分を肯定する、好意的に受け止めることができる感覚」のことです。他人と比較するのではなく、そのままの自分を認め尊重し、自己価値を感じることができる心の状態を指します。自分の良さに気づき、自分を大切にする気持ちを育てながら、他者(友達)の良さも認め、他者(友達)を大切にしていく、という好循環につなげていきたいです。ぜひ、 ご家庭や地域におきましても、子どもたち一人ひとりの良さを見つめ、褒めて伝えていただければと思います。

 また、令和4年度の学校経営方針のテーマは、「前進」としました。「前進」には、次のような意味を込めています。

○子どもたちと教職員、家庭、地域が連携・協働して、上菅田笹の丘小学校を前進させていく。

○Ipad等の端末機器やESDの視点(持続可能、つなぐ、見直す等)を活用した新たな学び方を向上させていく。

○自己肯定感を高め、自分自身を一歩ずつ進歩させていく。

 

 開校3年目という歴史の新しい学校で、上菅田笹の丘小学校が着実に「前進」していく年にしたいと考えております。保護者の皆様、地域の皆様のご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。