~令和3年度のテーマは「創造」~

  4月1日付をもちまして、縣利一校長先生の後任として着任しました、世古 正樹(せこ まさき)と申します。開校2年目という新しい学校で、子どもたちや教職員、保護者の皆様、地域の皆様と一緒に新しい歴史を築いていく喜びと責任を感じております。学校運営に精一杯努めて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 上菅田笹の丘小学校は、上菅田小学校と笹山小学校の統合が決定した10月26日を創立記念日として、令和2年4月1日に開校しました。令和3年度は、児童数957人、29学級でスタートしました。平成30年に策定された「横浜教育ビジョン2030」では、「自ら学び 社会とつながり 共に未来を創る人」が、横浜の教育が目指す人づくりとして示されています。それを上菅田笹の丘小学校の教育活動で具現化するために、学校教育目標 “自分大好き 仲間大好き 心かがやく 上菅田笹の丘小学校”を目指し、学校と家庭と地域が連携・協働して取り組んでいく学校経営を進めて参ります。

 本校では、学校教育目標の実現に向けて、「子どもが元気で笑顔が輝く学校」を目指しています。子どもたちの元気がいっぱい、笑顔がいっぱいで誰もが輝ける学校、そのためには、一人ひとりの居場所があり、誰もが「自分はやればできる」「自分はこんなことができる」という自己肯定感をもてる教育活動を進めて参ります。

 また、令和3年度の学校経営方針のテーマは、「創造」としました。昨年度は、2つの学校が1つになるということで「融合=(友合)」がテーマでした。「創造」には、次のような意味を込めています。

○子どもたちと教職員、家庭、地域が連携・協働して、新しい上菅田笹の丘小学校を創造していく

○Ipad等の端末機器やESDの視点(持続可能、つなぐ、見直す等)を活用した新たな学び方を創造していく

○感染症拡大予防対策を徹底した新たな学び方や学校生活を創造していく

 開校2年目という歴史の新しい学校で、上菅田笹の丘小学校の新しい歴史を「創造」していく年にしたいと考えております。保護者の皆様、地域の皆様のご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。