ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム都筑小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

 ようこそ

横浜市立都筑小学校のホームページへ


来校時のお願い 

来校時は「マスクの着用」「検温」「事前の連絡」等をお願いします。

 体調のすぐれない方の来校はご遠慮いただいております。 


 「更新情報」は、システムの都合上、

過去10回分しか表示されません。

それ以前のものをごらんになりたい方は、

「学校日記」→「○○年度」からお入りください。

 

いじめ防止対策基本方針 [203KB pdfファイル]                                                            

更新情報

7月31日(金曜日) よい夏休みを!

2020年7月31日

 

 山ほどの夏休みの宿題や自由研究のことは今でも思い出しますが、子どもの頃は夏休み前はいつもワクワクしていたものでした。今の子ども達もきっと夏休みは楽しいものだと思います。しかし今年は今までと少し違う夏休みになりそうです。密集密接密閉の回避、マスクの着用、検温、手の消毒など夏休みでもやらなければならないことがあります。それでもこの梅雨が終わり、青空の広がる素晴らしい夏の日々が来るのが待ち遠しい今日この頃です。今、学校ではどの学年も夏休み前の学習に一生懸命取り組んでいます。次に学校が始まる8月17日(月曜日)にはみんなで元気に会いましょう。それでは、よい夏休みを!

7月30日(木曜日) 家庭科「洗たくをしてみよう」(六年生)

2020年7月30日

 

 六年生が、家から持ってきた靴下を洗っていました。今は家で手洗いをする機会も昔ほど多くないと思いますが、家庭科では洗たくの手順や洗い方などを知り、実際に自分で洗ってみます。手洗いと洗たく機のそれぞれの良い点に気づき、それぞれに適した洗たくを学習します。そして汚れを落として衣服を気持ち良く着るために衣服の手入れに関心を持ち、洗たくの必要性を理解します。六年生の洗たくの実習では、一人ひとりの間隔を十分取り、換気をしつつ、全員が一方を向いて活動するなど工夫をしながらていねいに靴下を洗たくしていました。六年生は最高学年です。とても立派でした。

7月29日(水曜日) できる時にできることを(五年生)

2020年7月29日

 

 中休みに五年生が正門のところに置いてあるプランターの草取りをしていました。草を取りながら虫を見つけたり小さなニンジンが育っているのを見つけたりとみんな楽しそうに活動していました。「委員会活動ですか?」と先生に聞いたら「いいえ、まだ委員会は発足していないのでクラスの子ども達と一緒に草取りをしているんですよ。あまりに雑草が目立つので。」そんなお返事でした。気がついたらできる人ができる時にできることをやっていく。そんな教職員や子ども達がたくさんいる学校で、いろんな人の小さな活動の積み重ねがみんなの願いや思いを実現する素敵な学校を作っていくんだなあと思いました。たくさんの教職員が日々、子ども達と共にできることをできる時に頑張って取り組んでいる学校。それが都筑小です。

7月28日(火曜日) ヘチマとゴーヤ(四年生)

2020年7月28日

 

 四年生は「植物を育てよう」ということからヘチマとゴーヤを育てています。「植物は季節と共にどのように成長していくのだろうか」という課題を持って季節と植物の成長について学習しています。休み時間に外に出てみると観察に取り組んでいる子ども達に出会いました(後で担任の先生に聞くと自主的に観察していたそうです)。「ちょっと見せてくれるかな?」と言うと「途中だけど、いいですよ。」ということでした。ゴーヤの葉の様子やその特徴を記録していたようでした。植物の成長は季節と共に成長し変化していく様子がしっかりと記録されていました(写真でははっきりとはわからないのですが)。四年生も頑張って学習に取り組めています。

7月27日(月曜日) アサガオが咲いたよ

2020年7月27日

 

 雨の多い日々ですが、校庭の片隅に並べて置いてあるアサガオの植木鉢のアサガオが咲いています。赤や紫の色鮮やかな花の数々。まだまだこれから花が咲くだろうなと思われるアサガオの植木鉢もたくさんあります。アサガオの花を見ると夏なんだなあと思います。夏の爽やかな空気の中で咲くアサガオは子ども達の心の中にいつまでも素敵な夏の思い出として残っていくような気がします。アサガオを育てたことはアサガオの花と共に夏の忘れられない思い出の一つとなることでしょう。

7月22日(水曜日) 給食終了 

2020年7月22日

 本日で夏休み前の給食は終了となります。来週は給食はなく、午前授業です。7月始めから始まった給食は、一年生にとっては初めて小学校に入ってからの給食でした。今ではすっかり準備や後片付けも友だちと協力してルールを守って上手にできるようになりました。お手伝いの先生方からも「一年生はとても上手にできていますね。」「もう見ていても安心ですね。」などたくさんの賞賛の声が聞かれました。

 本日の給食のメニューは「ぶどうパン、たまごとトマトのスープ、ミックスフライ、ぎゅうにゅう」でした。

7月21日(火曜日) 「理科」スタート!(三年生)

2020年7月21日

 今、三年生は理科で「風とゴムの力のはたらき」の単元を学習しています。三年生は「理科」のスタートの学年です。科学的な追究の第一歩となる単元としてこの学習があり、実際に実験を行いながら何度も試行して調べることができます。観察・実験などに関する技能を身に付けると共に、風とゴムの差異点や共通点をもとに問題を見いだす力や主体的に問題解決しようとする態度を育成します。三年生はみんな担任の先生の話をよく聞いて楽しく実験に取り組んでおり、その頑張っている姿に感心しました。

 本日の給食のメニューは「はいがごはん、ポークカレー、ごまずあえ、プルーンはっこうにゅう」でした。

7月20日(月曜日) 暑さに負けず

2020年7月20日

 7月のほけんもくひょうは、「暑さに負けず規則正しい生活をしよう」です。まだまだ雨の日も多いのですが時折訪れる晴れた日には休み時間の校庭で子ども達の元気な姿が見られるようになりました。学年を決めてそれぞれの曜日ごとに外で遊べる日を決め、密集しないように気をつけています。爽やかな晴れの日の一日。みんな元気いっぱいです。

 本日の給食のメニューは「ロールパン、くきわかめスープ、かわりごもくまめ、ぎゅうにゅう」でした。

7月17日(金曜日) 梅雨明けはいつ?

2020年7月17日

 今日も梅雨空です。なかなか終わらない梅雨。校庭もぬかるんで外で遊べません。静かに外を見ている子ども達。「先生、梅雨っていつ終わるの?」と聞かれたので、ちょっと調べてみました。気象庁によると関東甲信地方の梅雨は昭和26年(1951年)以降の統計では、梅雨明けが一番早かったのは2018年の6月29日で、一番遅かったのは1982年の8月4日だそうです。ちなみに平年は7月21日ごろ梅雨明けするそうです。はたして今年はいつになるのかなあと思います。休み時間が終わると、きちんと手を洗う子ども達。外で元気よく遊べるとよいのですが。梅雨明けを待ち望むのは高学年の子どもも低学年の子どもも一緒のようです。

 本日の給食のメニューは「はいがパン、チリコンカーン、キャベツサラダ、ぎゅうにゅう」でした。

7月16日(木曜日) 生活科「小さななかまたち」(二年生)

2020年7月16日

 二年生は今「小さななかまたち」という単元で「身近な場所で生き物を探し、飼う活動を通して生き物の生態や自然環境とのつながりに気付き、生き物や自然への親しみを持つと共に大切にすることができるようにする」ということをねらいとして各クラスで様々な小さな生き物や虫などを飼育しています。子ども達は「虫探し」を通して校庭の片隅の草の中にも驚くほど豊かな自然があり、虫たちが生息していることに気付き、その楽しさを感じていたようでした。

 本日の給食のメニューは「むぎごはん、だいずとじゃこのいりに、おやこに、ぎゅうにゅう」でした。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる