ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム都筑小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

夏季水泳教室

水分補給を水泳中に行うため水筒を必ずご準備ください。 

     選手コース(8:15頃更新)    学年(9:50分頃更新)

                               ※実施→○  中止→×     

          8:55~10:05     10:30~10:05 

                 7/29  (月)   選手 ○    高学年(5・6年) × (暑さ指数が基準値を超えたので中止します。)

 7月30日(火) 区水泳大会出場選手のみなさんへ

8時10分 学校ピロティにて出欠確認をしますので、遅れないようにしましょう。

参加承諾書、水筒、うわばき等の持ち物を忘れないようにしましょう。

 

 

 

ようこそ

横浜市立都筑小学校のホームページへ 

「更新情報」は、システムの都合上、

過去10回分しか表示されません。

それ以前のものをごらんになりたい方は、

「学校日記」→「○○年度」からお入りください。                                                        

更新情報

7月19日(金曜日) いよいよ夏休み

2019年7月19日

 いよいよ待ちに待った夏休みが始まります。夏休みの計画をもう立てた子もいることでしょう。また、この夏休みに行きたい所ややってみたい事もあるでしょう。そして、おじいちゃんやおばあちゃんのいる家に帰省するご家庭もあると思います。普段なかなかできないことも、この夏休みにはできそうです。早めに宿題を終えて、思う存分この長い夏休みを楽しむことを思っている子もいると思います。「夏休み」と聞くと、いくつになっても懐かしいようなかけがえのない時間だったような気がします。何をするでもなく過ごした夏の日。赤いスイカ、それ以上に赤いトマト、夕焼け、友達と遊んだ日々、海で泳いだこと、夏の田んぼを吹き抜ける風、夏祭り、ホタル、花火等々それぞれの心に残る夏の日々です。夏休みが始まる前は、いつもワクワクして登校していました。そして八月後半には、夏休みが終わってしまう少し残念な気持ちと友達と再会できる期待に胸をはずませたものです。今年の夏休み、子ども達の一人ひとりの心の中にいつまでも残る夏休みの思い出を作ってほしいと思います。素晴らしい夏の空が待っています。それでは、良い夏休みを!

 本日の給食のメニューは「チーズパン、なつやさいのスパゲティ、コーンサラダ、ミックスフルーツ、ぎゅうにゅう」でした。

7月18日(木曜日) 暑さに負けず

2019年7月18日

 7月の保健目標は「暑さにまけず規則正しい生活をしよう」です。今年は、例年になく日照時間が少なく、どちらかというと少し寒いと感じる日も多かったように思われます。天気予報によると、じきにこの梅雨も終わり暑い夏になるということですがどうなるのかなと少し気になります。夏休みになると学校生活ともしばらく離れることになり、それぞれの過ごし方ができます。規則正しい生活をして、毎日を健康に過ごしてほしいと思っています。そのためには、「めあて」を持った生活をしてみるのも良いと思います。例えば、家でのお手伝いや学習時間、起きる時刻や寝る時刻などを決めて守り、楽しい夏の日を過ごしてほしいと思います。暑い夏になりそうです。暑さに負けずにがんばりましょう!

 本日の給食のメニューは「ごはん、とうがんのすましじる、いそかあえ、さばのみそに、ラフランスゼリー、ぎゅうにゅう」でした。

7月17日(水曜日) 本の修理

2019年7月17日

 図書館ボランティアの「図書の修理や整理グループ」の方々が、図書室で作業をされていました。新しい本にビニールフィルムを張り付ける「ブッカー」という作業だそうです。皆さん最初は作業の仕方などをビデオで見て覚えるので、初めての方でもきちんとできるようになるということでした。また、貸し出した本の破損なども修理する専用のテープ等があるので、万一間違って本を破損した時は、返却の時に申し出てくれればきちんと直せるそうです。黙って返したり自分で修理したりすることのないようにお願いしますとのことでした。図書室の本は、みんなの本ですので大切に取り扱うのはもちろんですが、時にはわざとでなく失敗することもあるでしょう。そんな時には、少し勇気を出して「ゴメンナサイ」と言えることも大切にしてほしいと思います。勇気を持って行動できるあなたは『勇者』です。

 本日の給食のメニューは「むぎごはん、ちゅうかスープ、ジャガマーボー、ぎゅうにゅう」でした。

7月16日(火曜日) 雨に濡れても

2019年7月16日

 雨が降ると傘や雨具などで、結構昇降口は登校時には混雑してしまいます。休み時間も外遊びができずに、子ども達は教室で過ごしたり図書室で過ごしたりします。そんな中、雨の中で先日五年生が田植えを終えた苗や三年生が花壇に植えたヒマワリはスクスクと育っています。苗は以前よりも大きくなって、雨を受けてうれしそうです。またヒマワリは、これが小さな種から育ったヒマワリと思えないほどしっかり大きく、茎も太くなった様子が見られます。花が咲くには、もう少し時間が必要なようですが、まだまだこれから大きくなりそうです。また三年生は、植木鉢には「ホウセンカ」を植えました。こちらの方も雨の中、元気に育っています。雨が降るとつまらないと思うことだけでなく、雨に濡れても元気に育つ植物たちもいます。むしろ恵みの雨として、この時季には欠かせないものかもしれません。あまり降りすぎるのも困りますが、全く降らないのはもっと困ります。きょうも雨です。しかしこの梅雨が明けたら素晴らしい夏の日が待っていそうな気がします。夏休みまで、あと一週間。

 本日の給食のメニューは「むぎごはん、いわしのかばやき、みそしる、そくせきづけ、ぎゅうにゅう」でした。

7月12日(金曜日) 今学期を振り返って「にこにじ長縄」(一年生・六年生)

2019年7月12日

 先日「にこにじ長縄交流会」が開催され多くのお家の方々が参観されていました。今学期は、それ以外にも朝体育の時間を活用して異学年交流の一つとして長縄を使用した縄跳びをしています。「にこにこにじいろ長縄跳び」と言い、いつもは「にこにじ長縄」と呼んでいる活動です。一年生は六年生と、二年生は五年生と、三年生は四年生と仲良く協力して長縄を跳んでいます。その中で六年生は一年生と組んでいるのですが、六年生はみんなとても一年生に対してやさしいんだなあと思える場面を見ることができます。一年生と一緒に手を繋いで跳んだり、一年生が跳ぶ時にはみんなで声を合わせて励ましたり、うまく跳べなくてもガンバレの声がたくさんの子から出ます。それを見ていると、本当にこの子達は素晴らしい子達なんだと思います。励まされたり応援してくれた六年生を見て、一年生も来年はきっとそのまねをして他の子達を励ましたり、応援したりしてくれるようになるでしょう。六年生の一人ひとりは名実共に都筑小の代表です。

 本日の給食のメニューは「はいがごはん、なつやさいのカレー、あまずあえ、みかんゼリー、プルーンはっこうにゅう」でした。

7月11日(木曜日) 観覧車の見えるプールから

2019年7月11日

 本校のプールは屋上にあります。そして屋上からは、「センター北駅」のそばにある「モザイクモール」の観覧車がよく見えます。いつも見ていると特に気にも留めませんが、初めて見る初任者やお客様は「観覧車が見えるんですね。」とちょっとびっくりしたり感心したりされます。プールでは、今年も元気な子ども達が水泳学習に取り組んでいます。卒業するまでに25mを泳ごうという目標を立てています。水泳の回数も予定表では平等になるように決められているのですが、雨が降ったり条件(気温、水温等)が合わなかったりで行える学年に差が出てきます。そのため調整してできるだけ同じ回数になるようにしています。この時期しかできない水泳学習ですが、頑張って取り組んでいる子ども達を見ていると、この夏の日に頑張ったことは決して無駄にはならないと思います。夏が終わり、一段と成長した姿を早く見てみたいものです。

 本日の給食のメニューは「むぎごはん、こんぶごはんのぐ、みそしる、ゴーヤチャンプル、ぎゅうにゅう」でした。

7月10日(水曜日) ナスとトマトとピーマンと(二年生)

2019年7月10日

 外にたくさんの植木鉢が並んでいました。よく見るとそれぞれの鉢には「ピーマン」「ミニトマト」「ナス」などがなっています。二年生の植木鉢です。小さな苗から育ててだいぶ大きくなりました。もう少し大きくなるには、まだまだ時間が必要なようですが、二年生は休み時間も水やりをしたり観察をしたりしています。「教育相談」の日に家の人に持って帰ってもらうために外に置いてあると聞いています。この梅雨が明けると、きっと暑くなって植物にはよりよい環境になることでしょう。それぞれが選んだ「ナス」や「ミニトマト」や「ピーマン」もきっとご家庭でもっと大きく育っていくことでしょう。この夏の思い出の一つとしてそれらの成長や穫り入れなども、きっと楽しい思い出になると思います。これらのことも含めて夏休みが終わって二年生はどんな「夏の思い出」の絵を描くのか楽しみにしたいと思ってます。

 本日の給食のメニューは「ごはん、にくじゃが、だいずとじゃこのいりに、きゅうりのばいにくあえ、ぎゅうにゅう」でした。

7月9日(火曜日) 西湖宿泊体験学習(五年生)

2019年7月9日

 五年生は、6月30日(日曜日)から7月2日(火曜日)までの二泊三日で西湖に宿泊体験学習に行きました。雨が心配でしたが予定もほぼでき、みんなで仲良く楽しく過ごした三日間はとても良い体験学習となったようです。第一日目は「風穴」の見学、樹海のハイキング。第二日目は西湖で「カヤック」を行い、夕方からはキャンプファイヤー。三日目は牧場に行って牛を手で触ったりエサをやったりしました。また牛の世話の一つでもあるブラッシング体験や乳搾り体験などもしました(牛さん達も普段あまり見ないたくさんの子ども達を迎えてびっくりしていたかもしれませんね)。その後、バスで帰校して全ての予定を終えることができました。これらの体験学習のためにずいぶん前から実行委員のみなさんを中心としてたくさんの準備がありました。頑張って準備や練習をして当日を迎えることができ、みんなが楽しく安全に今回の「西湖宿泊体験学習」ができたのは、目に見えないところでの多くの実行委員や先生方の活動があり、今回参加したみんなもきちんときまりを守り、活動できたからです。みんなで作り上げた体験学習。五年生のみんなはとても立派でした。

 本日の給食のメニューは「はいがパン、チリコンカーン、キャベツサラダ、すいか、ぎゅうにゅう」でした。

7月8日(月曜日) 小暑(しょうしょ)

2019年7月8日

 7月7日は何の日ですかと問われると、たいていの子ども達は「七夕(たなばた)」と答えます。それも正解なのですが、7月7日は二十四節気の一つ「小暑(しょうしょ)」と言われる日でもあります。「小暑」には暑さがこれからどんどん強くなっていくという意味があり、この頃から暑さが本格的になってきます。梅雨の終わる頃でもあり、各地で集中豪雨などが多く発生する時季でもあるそうです。またこの頃から「暑中見舞い」のハガキを出すようになります。出す時期は「小暑」から「立秋」の前日までと言われていますが、この時期であっても梅雨の時は控え、梅雨明けした後に出すのが良いと言われています。日付は書かず「○○年盛夏」「○○年○月」とします。なお、「立秋」以降は「残暑見舞い」となります。昔から家庭でも、小暑を迎えると衣食住のあらゆるものが夏向きの物に変わります。本格的な暑さが始まります。今までしまわずにいた春物の衣類や寝具なども夏物に入れ替えるのもこの時期と言われています。

 本日の給食のメニューは「ごはん、くきわかめスープ、タッカルビ、グレープゼリー、ぎゅうにゅう」でした。

 

7月5日(金曜日) アサガオが咲いたよ(一年生)

2019年7月5日

 「アサガオは咲いたのかなあ?」「もう、たくさん咲いているよ。」「写真を撮らせてくれる?」「いいよ、こっち来て。すごいでしょう。」一年生の教室の前で一年生と少し話しました。一年生のベランダでは、それぞれのクラスのアサガオの鉢がたくさん並んで、花を咲かせている鉢、これから咲く鉢などいろいろありました。咲いている花の色も青色や赤色、紫色など様々です。そのどれもが、とてもきれいです。まだまだこれから咲きそうな鉢もたくさん見られ、今後どのような色のアサガオが咲くのか、とても楽しみです。夏休みにはご家庭へ鉢を持って帰る予定だと聞いています。家で咲くアサガオを楽しむのも素敵だと思います。一年生ががんばって世話をしているアサガオです。みんなとてもきれいな花ばかりでした。

 本日の給食のメニューは「ぶどうパン、やさいスープ、ゆでとうもろこし、ミックスフライ、チーズ、ぎゅうにゅう」でした。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる