アレルギー性疾患を有する児童に対して、よりきめ細かい個人対応の給食の実施が望まれています。児童の充分な栄養摂取のためにも、できる範囲内でアレルギー対応をしていきたいと考えています。食物アレルギーに関していえば、医師の診断や家庭での対応にもばらつきがあったり、個人によって成長過程で状況が変化したりするため、その把握が非常に困難です。

そこで、横浜市では、「除去食」を行うにあたって

  • ①医師の診察・検査(可能な限り食物負荷試験)により、「食物アレルギー」と診断され、医師から特定の食物に対して対応の指示があること。
  • ②基本的に1年に1回は受診し、評価を受けていること。
  • ③定期的に受診し、検査を行っていること。
  • ④家庭でも当該原因食物の除去を行っていること。

以上4点を基準としています。

本校でも医師の診断を受け、食物アレルギーの改善のため、除去が必要であるという内容の主治医意見書を提出いただいた方を対象に、以下の対応を行っています。またお子さんの成長過程での変化を知るために、横浜市では主治医意見書の更新を毎年求めています。

給食で対応可能な除去食(※注1)

(卵類)

  • 鶏卵→スープ・卵とじ、衣の卵、サラダのマヨネーズなど
  • うずらの卵→すまし汁、かやくうどん、中華丼の具など

(牛乳及び乳製品)

  • 牛乳(※注2)
  • 粉チーズ・角チーズ・バター・生クリーム、脱脂粉乳、シチューのルーなど(※注3)

(えび・いか)

  • ソースやきそば、五目やきそば、中華丼の具、ちゃんぽんなど

(豆・豆製品)

  • 豆腐、油揚げ、がんもどき、凍り豆腐、みそなど 

※調理の過程において、除去が不可能な場合もありますので、ご了承ください。 

※注1 除去食とは…食物アレルギーの原因となる食品(アレルゲン)を取り除いた食事をいいます。ただし、調理したものから自分で取り除いて食べられるものは、これに該当しません。

※注2 牛乳は、除去食ではありませんが、次のような対応が可能です。飲料用牛乳(200ml)に関しては、注文の段階で牛乳だけは数を減らせることから、年度末にまとめて返金できます。(ただし、この場合も医師の診断書または食事指示書を提出していただきます)

※注3 パンは鶏卵を使用していませんが、乳製品が入っています。

 

除去食までの流れ

 
保護者から申し出(入学・転入時に早めにお申し出けださい)
 

保護者へ関係書類を配布
 

保護者との面談実施
「食物アレルギーに関する調査票」
「食物アレルギーに関する主治意見書」の提出
 

学校で対応を決定
 

保護者へ対応を通知
 

除去食依頼書の提出
 

給食での除去食の提供開始

 

○ 食物アレルギーの症状は、年齢を重ねるごとに変わる場合があることから、横浜市では食物アレルギーに関する主治医意見書の提出を毎年求めています。本校もそれにならい、年1回関係書類を提出して頂き、面談の上、毎年対応を検討しています。

○ 入学時以外でもそのような症状が表れた場合は、その時に学校にご連絡ください。