学校医

 

R2.4.1 

 

学校医名 電話 住所 病院等名
内科 岡本 則彦 570-0377 豊岡7-7 岡本こどもクリニック
歯科 吉田 礎久 571-1059 豊岡30-25 吉田歯科医院
眼科 木下 直樹 506-5007 鶴見中央1-1-2シァル鶴見5階 木下眼科
耳鼻咽喉科 樋口 彰宏 581-3378 豊岡町6-7 樋口医院
薬剤師 阿部 正隆 584-1478 豊岡21-24 阿部薬局

横浜市救急医療情報センター 201-1199
* 最寄りの医療機関が休診の場合、受診可能な医療機関を教えてくれます。

公共機関等

鶴見警察署(代表) 504-0110
鶴見消防署(代表) 503-0119
鶴見区役所(代表) 510-1818
鶴見区子ども・家庭支援相談 510-1850

 

 

学校保健について

朝 登校前の健康観察

  • ★寝起きの様子・・・機嫌よくさっさと起きれたか。
  • ★顔色・食欲・・・・いつもの顔色でふつうに食べることができたか。
  • ★皮膚の様子・・・・湿疹や発疹・ブツブツ等、皮膚の変化はないか。
  • ★全体の様子・・・・元気がない、グズグズしている、何となくおかしいといったことがないか。

そんな時はまず、検温。体温計を使って熱を測りましょう。平熱よりも高いときは注意。おかしい と思ったら無理をしないで様子をみましょう。
◎欠席・遅刻をするときは、連絡帳を使って学校へお知らせください。

学校で調子が悪くなったとき

保健室で対応します。どこがどんなふうに具合が悪いのかを子どもと話します。その上で、その子 どもの様子にあった指導・対応をしていきます。

★保護者の方への連絡先を「保健調査票」・「児童調査票」で学校へお知らせください。仕事先が年度途中で変わった時等は、その都度お知らせいただけると幸いです。常に家庭にいらっしゃる方でも、 外出することが登校前にわかっている時は、子どもに外出先と帰宅時刻等話しておいてください。

学校でけがをした時

小さいけがは、保健室で対応していきます。症状に応じてご家庭に連絡することもあります。けがの様子によっては、病院へ行くことがあります。かかりつけの病院へ行くことを原則としています。

学校伝染病と出席停止について

★インフルエンザ・水痘(水ぼうそう)・流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・風疹(三日ばしか)等
(健康手帳参照)

「感染することはありません。登校してもいいですよ。」という医師の診断がありましたら、出席停止期間等を健康手帳に保護者の方が記入して、登校の際、お子さんに持たせてください。それまでは、家庭で休ませましょう。

★医師による証明の必要はありません。
※健康手帳・・・自分の成長や健康診断の結果等を記録します。母子手帳と同じような使い方と考えてください。

児童の傷害に対する保償制度

学校にいる時、登下校中(通学路であること、交通事故は除く)、遠足等の校外学習中に起きた事故(けが)で医師や接骨医にかかった場合「日本体育・学校健康センター」という制度を使い、見舞 金という形で医療費が給付されます。また、それ以外の時間(主として土・日を含む家庭生活の中) で起きた事故がもとで受診した場合は、「横浜市安全教育振興会」という制度を使って医療費の給付を受けることができます。どちらも全員が加入しています。

それぞれの制度加入に対する、掛け金や細則については、そのつど担当者より説明いたします。

★けがや事故の場合は、医療制度の適否にかかわらず担任までご連絡ください。