ページの先頭です

ホーム

家庭学習向けサイト

 

 

更新情報

6年生は洋服を着て水に入る「着衣泳」を行いました。洋服を着たまま水に入るとどれくらい動きにくくなるかを知り、泳ぎにくくなるかという経験を通して、今後、水による事故から身を守ることにつなげてもらうことがねらいです。

洋服を着てシャワーを浴びるだけで、洋服の重さを感じました。

靴を履いたまま入水すると、とても重くて動きにくいことが体験できました。また、仰向け・うつ伏せになって浮いてみました。緊急時にはできるだけ力を抜いて浮く、つかめるものがあったらつかんで浮くことが大切ということも学びました。

洋服を脱いで泳いでみると「軽~い!」とその違いにも気づくことができました。着衣泳が終わった後は、いつもの水泳よりもどっと疲れた様子の子どもたちでした。

1年生は生活科で、水を使って校庭で思い切り遊びました。

家から水遊びで使いたい道具をそれぞれ持ってきました。マヨネーズの空のボトルに水を入れて水鉄砲にして遊んだり、砂に水で絵を書いたりしました。外は暑かったので、少し水にぬれて涼しくもなりました。水遊びが大好きな子どもたちです。

クラブ活動の2回目がありました。料理クラブでは冷たいスイーツ作りを作りました。

4・5・6年生で班ごとに簡単に出来るレシピを事前に決めて、協力して調理しました。缶切りや泡立て器をを初めて使う班もありました。完成してみんなでおいしくいただきました。

他のクラブも他学年と協力していろいろな活動に取り組んでいます。今後もクラブ活動の様子を紹介できればと思います。

6年生は家庭科の授業で洗濯について学習しました。

自分のくつ下をタライを使って洗いました。粉せっけんを決められた洗剤の濃度にするため計量して使いました。洗濯板を使うのが初めての子も多くいたようで、力を入れてゴシゴシと泡立ててくつ下を洗っていました。

家庭科は自分の生活に直結する教科です。是非家庭でも実践してほしいです。

中休みに、きずなプロジェクトの取り組みがありました。

今年度の児童会テーマ「FriendShip~みんなのハートを1つにつなげよう~」を達成するために、いくつかのプロジェクトを行っています。今回は2つ目のプロジェクトで、ペア学年以外の人と仲よくなろう、という取り組みでした。

自己紹介をし、その後「金小かるた」をして仲を深めました。上の学年の子が上手に盛り上げていたので、下の学年の子たちの緊張がほぐれ、楽しい時間になりました。

1年生の図工の授業で、紙コップでおもちゃを作っていました。

紙コップの上にクリップでフックのようなものをつけて、糸の上をスルスルビューンとすべらせて楽しく遊んでいました。

おもちゃを何度もすべらせ、よりよいものになるように改良したり、形や飾りつけを工夫したりしていました。

6年生は、自分に合った泳法を選んで、集中して水泳学習に取り組んでいます。

外は暑いので「水の中は心地よかったよ。」と6年生が笑顔で話してくれました。

7月の音楽朝会がありました。

今月は4年生が「エーデルワイス」という曲をリコーダー奏と合唱で発表しました。

エーデルワイスの花が想像できるような、さわやかな空気が流れるような時間でした。

全校では今月の歌「世界がひとつになるまで」を音の重なりを聴き合いながら歌いました。歌詞が素敵な曲で、みんなで歌って優しい気持ちになれました。

キッズの方から笹の葉をいただき、図書館に飾りました。

中休みに図書館に来た子どもたちが短冊に願い事を書きました。金小のみなさんの願い事が叶いますように。

給食で1年に1回登場する季節の果物であるすいかが登場しました。

給食室では、「すいか包丁」という普通の包丁と比べると長くて大きい特別な包丁を使って切ることで、ひび割れなくきれいに切ることができます。1つの大玉のすいかを32等分に切り分けました。

すいかをかぶりつく子どもたちの姿を見るとと夏だなぁと感じます。暑かったので、すいかを食べていい水分補給にもなりました。