ページの先頭です

ホーム

家庭学習向けサイト

 

 

更新情報

6年生は家庭科の授業で洗濯について学習しました。

自分のくつ下をタライを使って洗いました。粉せっけんを決められた洗剤の濃度にするため計量して使いました。洗濯板を使うのが初めての子も多くいたようで、力を入れてゴシゴシと泡立ててくつ下を洗っていました。

家庭科は自分の生活に直結する教科です。是非家庭でも実践してほしいです。

1年生の図工の授業で、紙コップでおもちゃを作っていました。

紙コップの上にクリップでフックのようなものをつけて、糸の上をスルスルビューンとすべらせて楽しく遊んでいました。

おもちゃを何度もすべらせ、よりよいものになるように改良したり、形や飾りつけを工夫したりしていました。

6年生は、自分に合った泳法を選んで、集中して水泳学習に取り組んでいます。

外は暑いので「水の中は心地よかったよ。」と6年生が笑顔で話してくれました。

7月の音楽朝会がありました。

今月は4年生が「エーデルワイス」という曲をリコーダー奏と合唱で発表しました。

エーデルワイスの花が想像できるような、さわやかな空気が流れるような時間でした。

全校では今月の歌「世界がひとつになるまで」を音の重なりを聴き合いながら歌いました。歌詞が素敵な曲で、みんなで歌って優しい気持ちになれました。

キッズの方から笹の葉をいただき、図書館に飾りました。

中休みに図書館に来た子どもたちが短冊に願い事を書きました。金小のみなさんの願い事が叶いますように。

給食で1年に1回登場する季節の果物であるすいかが登場しました。

給食室では、「すいか包丁」という普通の包丁と比べると長くて大きい特別な包丁を使って切ることで、ひび割れなくきれいに切ることができます。1つの大玉のすいかを32等分に切り分けました。

すいかをかぶりつく子どもたちの姿を見るとと夏だなぁと感じます。暑かったので、すいかを食べていい水分補給にもなりました。

読み聞かせボランティアさんによる7月の本の読み聞かせがありました。

「季節感を意識した七夕に関する絵本を選びました。」「前に6年生に読んで好評だった早口言葉の本を選びました。」「今まであまり読んだことがなかったむかしばなしを選びました。」などと、季節や本のジャンルを考えていつも本を選定してくださっています。

金小の子どもたちは読み聞かせの時間が大好きです。いつもありがとうございます。

今年度の児童会テーマの掲示物ができあがりました。

クラスごとに担当の文字を決めて、みんなで折り紙をはってつなげました。1階の保健室前の廊下に掲示してありますので学校にお越しの際はごらんください。

2年生は、給食で使うとうもろこしの皮むきの体験をしました。

むく前には、栄養教諭の先生からとうもろこしについての話を聞き、とうもろこしの皮のむき方について教えてもらいました。クイズに楽しく挑戦して、とうもろこしについて詳しくなれました。

立派なとうもろこしで、とうもろこしの皮をむくのに力がいった様子でした。「むくとバリバリ音がするね~」「うわぁ、ひげがたくさんある~!」とよく観察しながらむきました。

むいた後は「おいしくゆでてください」と調理員さんへむいたとうもろこしを届けに行きました。

食べてみると、とてもあまくておいしいとうもろこしでした。旬のとうもろこしを全校のみんなで味わいました。

5年生は家庭科で裁縫の授業が始まりました。

裁縫の授業は、針やまち針の本数をしっかり数えてからを始めます。

針に糸を通し、玉結びや玉止め、なみぬいのやり方を学びました。これからそれぞれフェルト生地でワッペンを作る予定です。