学校長あいさつ

 

令和3年度がスタートしました

校長   田名部 和美

 明治8年の創立以来、大正、昭和、平成、令和と歴史ある神奈川小学校。今年度は146年目となります。その歴史ある学校に4月より着任いたしました。これまで学校にかかわってこられた方の思いを引き継ぎながら、新しい時代に柔軟に対応し、子どもたちが「楽しい」と思える学校づくりに取り組んでまいります。

学校教育目標

   【か】よく考え 【な】なかよく 【が】がんばる 【わ】わたしたちかなっ子


 

【か】自らすすんで問題を見つけ、よく考えて判断して行動し、豊かに表現できる

         子どもを育てます 

【な】自分や他者のよさを認め合い、個性を発揮しながら他者と豊かにかかわり合う

         子どもを育てます 

【が】自分の心と体に関心をもち、すすんで健康保持に努めるとともに、体力の向上

         を目指す子どもを育てます

【わ】自分が住む神奈川の「まち」について理解を深め、「まち」とともに育ち

        「まち」に貢献する子どもを育てます

   多様な文化やひとの存在を理解し、視野を広げて共によりよく生きようとする

         子どもを育てます 

  今年度は、教科担任制を取り入れたり、専科やTTにおける授業を積極的に取り入れたりしながら、多くの目で子どもたちを見ていくことを大切にしていきます。しかしながら、子どもたちが「楽しい」と思える学校にするためには、学校だけの力では限界があります。保護者の方々のご理解とご協力、そして地域の方々の支えがあってこその学校づくりだと思っています。そのためには、こういった制限された中でも、可能な限り皆様への発信をし、これまでとは違う形で学校を開いていくつもりです。また、子どもたちだけでなく、教職員も、保護者の方々も、地域の方々にも「楽しい」と思っていただける学校をめざします。共に子どもたちを育てていく中で、子どもたちから学びながら、「楽しい」学校づくりにぜひお力をお貸しください。

  教職員は、今年度も引き続き、子どもたちとしっかり向き合います。一人一人を徹底的に大切にしていきます。新しい時代を切り拓く子どもたちの育成のために、力を合わせて取り組んでまいります。

  令和3年度も、神奈川小学校をよろしくお願いいたします。