学校長あいさつ 

ハンドメイド 4年目の春

 

90名の新1年生を迎え、全校児童515名で新年度がスタートしました。昨年度に引き続き東中田小学校校長4年目を努めます天野直美です。

今年度も学校教育目標「自らかがやく ともにかがやく」の実現を目指し、教職員スタッフ総力をあげて取り組みます。子ども一人ひとりの思いに寄り添い、励まし、見守り、いじめのない心も体も元気になる学校、そして基礎基本を安心して身につけられる学びの場作りを行ってまいります。合言葉は今年度も「ハンドメイド」です。

校長として迎えた4年目の春は、想像を超えた困難に立ち向かうこととなりました。1月下旬ごろに伝えられた新型コロナウイルスへの対応は感染拡大とともに3月より政府の要請により臨時休校に入り、非常事態宣言の発令に至りました。4月6・7日に行われた入学式、始業式の話の中で、子どもたちに「早く元気いっぱい遊んだり勉強したりできるよう、今はおうちの人の言うことを聞いて、自分や周りの人の体を守るためにがんばりましょう。」と伝えました。保護者の皆様には、学校からの伝達を受け止め、取組をご理解いただきながら共に子どもたちのために行動していただき、心より感謝申し上げます。私の育てたい子ども像は宮崎駿さんのアニメ「魔女の宅急便」の主人公キキです。「落ち込むこともあるけれど、私は今元気です。」と子どもたちに思ってもらえるような学校をつくりたいと思っています。今なすべきことを受け止め、子どもたちはたくさん我慢しながら頑張っています。入学式で出合った1年生も始業式で新しいクラスで並んだ子どもたちも落ち着いた態度で話を聞いていて、本当に素晴らしい子どもたちだと感動しました。東中田小学校の子どもたちの「ともにかがやく」姿はすでに育っていると再認識いたしました。この態度を育ててくださっているのは紛れもなく保護者の皆様です。今あるよさを生かしながら、子どもたち一人ひとりのさらなる「自分づくり」を支えるため教職員一同努力してまいります。今後も保護者の皆様には、お子様と学校の懸け橋として支えていただきたいと思います。その際にどんな些細なことでも心配なことがありましたら、学校に早めにご相談ください。よろしくお願いいたします。

地域の皆様、この度は卒業式・入学式にお招きすることもできず、日頃の感謝も伝えられず、申し訳ございません。にもかかわらず、入学式・始業式の日に通学路に立ち子どもたちを見守っていただき、本当にありがとうございました。いつか日常がもどり直接お会いしてご挨拶できる日を待ちたいと思います。それまでお体を大切にお過ごしくださいますようお願い申し上げます。

昨年度東門のわきに植えたマンサクの花が開花しました。先日まちで美しい野鳥の鳴き声を耳にしました。春の訪れはつらく苦しい時でも心を元気にしてくれます。ここに子どもたちのはつらつとした声があればと思いますが・・・。ハンドメイド4年目の春、その日を楽しみに待ちたいと思います。