学校長あいさつ

 本校のホームページにアクセスいただきまして、ありがとうございます。

本校は、金沢臨海地区の埋立地の北西部で、旧沿岸との接点に位置し、学区には高層・中層の集合住宅が多く、計画的に整備された街の中にあります。 開校は昭和54年4月で、西柴中学校より分離・独立いたしました。平成の初めには生徒数1400名、34学級の大規模校となりましたが、令和元年度は、132名の1年生が入学し、全校生徒388名で各学年3~4学級、個別支援学級3学級、合計14学級でスタートしました。
開校当初に比べれば学校は小規模になりましたが、地域や保護者の方々のご理解・ご協力のもと、生徒たちは明るく元気で挨拶もしっかりでき、伸び伸びと学校生活を送っています。
本校では並木中学校と並木第一小学校、並木中央小学校、並木第四小学校、富岡小学校との連携を深めながら、9年間を見通した学習や児童生徒指導のあり方についての取組を進めています。また、児童と生徒がお互いの学校行事に参加したり、地域のボランティア活動に参加して交流を深めたりしています。生徒達は地域行事にも積極的に参加し、「まちとともに生きる中学生」として地域の一員となり活躍しています。

学校長 村井 法泰