学校長あいさつ

 

地域とともに歩む学校をめざして

校長 山下 昌永

 

日頃より、本校の教育活動へのご理解とご支援をいただき、ありがとうございます。

今年度は新たに154名の1年生を迎え、2年生は161名、3年生は141名、総生徒数456名で1学期がスタートしました。また、異動や退任をした教職員に替わり、今年度は新たに15名の教職員が加わりました。今年度も「生徒の成長ファースト」で、すべての教職員が力を合わせ、保護者・地域の皆様とともに「チーム西本郷」として教育活動を進めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

「令和」という新たな時代を迎え、社会が大きく変わろうとしている中、令和3年4月に完全実施を予定している新学習指導要領に合わせ、本校では昨年度より新たな3か年の取組を進めてまいりました。中学校3年間で目指す生徒の成長像を学校教育目標として次のように掲げました。

「自ら挨拶」  「自ら判断」  「自ら行動」

人とのつながりを大切にする 思いやりある西本中生

この目標は、「横浜教育ビジョン2030」で横浜市が目指す人づくりとして掲げた「自ら学び社会とつながり、ともに未来を創る人」を受けて、学校として定めたものです。

今年も、学校教育目標に掲げた「人とのつながりを大切にする」ことを意識した教育活動を推進していきたいと思います。中学校時代は、学級・学年の生徒とのつながり、部活動や委員会活動を通して上級生や下級生とのつながり、教職員や地域の方々とのつながりなど、たくさんの人とのつながりを経験し深めていく時期です。このつながりを通して、生徒一人ひとりが豊かな人間性を育むことができるように力を尽くしていきたいと思います。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、長期にわたる休業期間が設定されたことの影響により、生徒の心身の成長や学校生活への影響が心配されるところですが、ピンチをチャンスととらえて、教職員一人ひとりが新たな工夫に取り組み、保護者の皆様と手を携えて、生徒の成長を支えていきたいと思います。

今年度も「学校運営協議会」や「地域学校協働本部」を中心として、学校の教育活動を支える大切なパートナーである保護者や地域の皆様にご支援をいただきながら、「地域とともに歩む学校」の新しい歴史を創っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。