今年度は、新型コロナウィルスの対策で7月から部活動が開始し、1年生も本入部し、男子10名、女子12名の部員数になりました。

総体が中止になりましたが、3年生にとって最後の試合として8月1日の西区の交流試合に参加します。今までの総決算として、また、2年生との最後の試合を頑張ろうと、この1ヶ月間体力を戻すことを中心に日々の練習に励んできました。3年生には、周囲の人の支えや保護者への感謝の気持ちを大切に、悔いのない試合にしてもらいたいと思います。

1年生は、バスケの経験者が少なく、基本的な技術を身につけるため頑張っています。

夏休み明けには、新チームになります。「マナーに優れるものは、勝者よりも尊し」を目標に、日々の学校生活をしっかりと送ることができること、課題に向き合い練習にしっかり取り組むこと、これらのことが当たり前にできる気持ちの良いもっと応援したくなるチームへの成長していけるよう、頑張っていきたいと思います。

(令和2年7月31日)

 

 具体的な目標(バスケットボールを通して)

 ①『マナーに優れるの者は勝者より尊し。』

 ②体力をつけ、自分のからだの自己管理ができるようになる。

 ③学年、性別を越えて、個人ではなく集団で活動することの大切さを知る。

 ④仲間を大切にし、率先して人のために行動する。思いやりの精神を身につける。 

 ⑤いつも元気と挨拶を忘れない。

  ⑥勝敗にこだわり、勝つ喜びや負けたときの悔しさなどを通し、精神面(メンタル)を身につける。