「大規模地震特別措置」に基づく警戒宣言や大規模地震、暴風警報発令などの緊急災害時に備え、生徒の保護対策を次のように定めています。

 

 横浜市内(神奈川県全域、神奈川県東部、横浜・川崎のいずれか)に「特別警報」「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」「降灰予報」午前6時の段階で発表継続中の場合、生徒の安全確保のため当日は臨時休校となります。


「暴風警報」を伴わないその他の「警報」(大雨警報、洪水警報等)については、安全確保を最優先とし、状況をご家庭で判断して登校させてください。

登校後に「特別警報」「暴風警報」「大雪警報」「暴風警報」「降灰予報」が発令された場合は、学校で適切な措置をとります。

★注意★「大雨警報」「大雨注意報」では臨時休校にはなりません。

 

R2年度 風水害等の「警報発表」時の判断について

大規模地震発生時の対応