ごあいさつ

校長あいさつ     

  

意志あるところに道はある

 令和3年4月  

    校長 永瀬 哲  

開校から13年目を迎えて

平成21年4月に開校した横浜サイエンスフロンティア高等学校は13年目を迎えました。附属中学校は開校5年目となり、この4月には2期生が高校に入学しました。中高一貫教育校になった際、本校が新たな展開を象徴するキーワードとして掲げたのは「融合」です。これは文字通り「一つに融け合うこと」で、高校からの入学生と附属中学校からの入学生が互いに刺激し合い、相乗効果によって潜在的な力を発揮してほしいという期待を込めました。今、その期待が現実のものになっており、あらためて生徒の柔軟な思考と対応力の高さに感心させられています。

最近、実感しているのは、横のつながりだけではなく、縦のつながりという点でもこの「融合」の成果が表れてきているということです。高校生の真摯な姿勢から多くを学んだ附属中生は、学習はもとより、各種大会やコンテストなどにも積極的にチャレンジし、幅広い分野で優秀な成績を収めています。そして、附属中生に刺激を受けるように、高校生は更なる高みを目指してきました。その結果、昨年度は「高校生科学技術チャレンジ(JSEC) 優秀賞」、「化学グランプリ2020 銅賞」、「日本植物生理学会年会 高校生生物研究発表会 最優秀賞」を受賞したのをはじめ、各種学会での発表やコンテストで多くの生徒が全国の高校生とその成果を競い合っています。附属中生にも高校生にも共通しているのは、目標に対して強い意志をもって最後までやり抜き、それが結果に結びついているということです。

 

スーパーサイエンスハイスクール指定校として

本校は昨年、スーパーサイエンスハイスクール(以下SSH)第3期の指定を受けました。世界に通用する科学技術人材の育成を使命とする本校にとって、SSHであることは特色ある教育活動を進めるうえで重要な要素の一つです。具体的な取組として、課題探究型学習の学校設定教科「サイエンスリテラシー」をはじめ、小・中学生対象に実験や実習を行うサイエンス教室、高校1年次生対象のサタデーサイエンスなど、サイエンスエリートの育成を目的とした様々なプログラムがあります。

令和2年度は附属中学校からの入学生が高校からの入学生と初めて一緒に学んだ年であり、中高の連携を意識した新たな研究開発課題に取り組みました。そして、一定の評価を得てきたこれまでの取組も、課題に応じてマイナーチェンジをしつつ継続しています。しかし一方で、新型コロナウイルス感染症の影響は想像以上に大きく、SSHの事業自体が大幅な制約を受けることになってしまったのも事実です。特に、海外への渡航が厳しく制限されたことによる海外研修への影響は計り知れません。こうした状況にあっても実施可能な手立てを考え、オンラインを活用することで海外にいる研究者の方々などとコミュニケーションをとったり、講義をしていただいたりする機会を設けました。また、日本で学ぶ外国人留学生を講師とした英語プレゼンテーションを実施することで、サイエンスリテラシーⅡでの研究成果を英語で発表することもできました。

「コロナだから…」と言って最初から諦めるのではなく、学校として現状と課題を正確に把握し、今できるベストな方法を探った結果、次々とアイデアが出てきています。むしろ、コロナをきっかけにSSHとして新たな可能性が広がりつつあるといっても過言ではありません。

 

意志あるところに道はある

Where there’s a will, there’s a way.」―「意志あるところに道はある」

短い表現ですが、人生をいかに生きるべきか、ということに対する答えがはっきり示されていると感じます。人は誰しも弱い面があるので、苦しいことや面倒なことがあれば、ついついそこから逃げたくなるものです。しかし、諦めたらすべてはそこで終わってしまいます。目標の達成に向けて気持ちを強くもち、あとはただひたすら努力するのみです。時には自分を奮い立たせ、最後の最後まで粘り強く取り組むことでゴールが見えてきます。もしかしたら、思うような結果が得られないかもしれませんが、行動の結果は「無」ではありません。自分のこれからにつながる何かが必ず残ります。コロナ禍におけるサイエンス生を見ていて、そう考えずにはいられませんでした。

今春卒業した10期生は100名が国公立大学に合格しています。進学先を見てみると、北は北海道から南は九州まで全国津々浦々です。また、例年進学者の多い理学、工学以外にも医学、農学、情報、環境など多岐にわたる分野に進学者がいます。今年は大学入試改革最初の年であったことに加えて、感染症の影響もありましたが、サイエンス生の多くは国公立大学の後期日程試験までを視野に入れて受験に臨み、結果を残しました。いずれも主体的に自分の道を切り開こうとする態度の表れだと考えています。

もちろんこれは、先を見通せない状況の中でも諦めず、一人ひとりの生徒が強い意志をもって努力を継続した結果であることは言うまでもありません。高い志をもち、最後までくじけずに、「意志あるところに道はある」を体現している生徒の多いことも本校らしさだと思います。

横浜サイエンスフロンティア高等学校では、自分自身を成長させ、社会の発展に貢献しようという強い意欲の持ち主を育て、応援します。本校で未来の「サイエンスエリート」を目指してみませんか。