ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム下末吉小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
ここから大分類内のメインメニューです

 

 

リンク集

横浜市教育委員会

Y・Y NET

環境教育の充実

 横浜市教育委員会では、横浜市立の小・中・義務教育・特別支援・高等学校の教員等の出産休暇や病気休暇の代替またはサポート(担任補助)等として、臨時的任用職員・非常勤講師(職員)を随時募集しています。詳しくはこちらをご確認ください。↓

www.city.yokohama.

lg.jp/kurashi/

kosodate-kyoiku/

kyoiku/bosyusaiyou/

hijokin/other.html

 

メインメニューはここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

下末吉小学校の画像

更新情報

【PJ70】下小音頭やります♪(ホームページ係 5年)

2022年7月21日

  明日22日(金)に下末吉小学校で行われる盆踊りで「下小音頭」を踊る予定です。

 この踊りは、地域の皆さんと下小の子どもたちのみんなで踊れるように5年生のみんなで考えた踊りです。この「下小音頭」を通して、下末吉のまちのみんなが繋がれるようになったら嬉しいです。みなさんぜひ来てください。

 ←全校での練習風景です♪

下小音頭.pdf [293KB pdfファイル]  

【PJ70】22日(金)、23日(土)は下末吉小学校で盆踊りです♪

2022年7月21日

 これまでコロナウィルスの影響で開催できなかった盆踊りですが、今年度は、開催できることになりました。私たち6年生は地域の自治会の方々ともお話をし、運営に参加し屋台を出すことになりました。6年生が出す屋台は、ボウリング、ピンポン、釣りゲームです。活動の仕方を工夫して感染症対策に気をつけながら行う予定なので、ぜひ、来てください!

  

プロジェクト70 6年生より

ナツヤスミンがまっている2022

2022年7月20日

 今日のZoomの朝会で「今日学校から帰っておうちのドアを開けたら誰が待っているでしょう?」と質問したら、「ナツヤスミン!」という声が校舎中から聞こえました。

↑今年のナツヤスミンは70周年マスコットのツナツルと一緒に下小音頭を踊っています。

↑下校時間の昇降口です。みなさん、楽しい夏休みにしてください。

 

【PJ70】令和4年度プロジェクト70 ホームページスタート♪

2022年7月19日

  昨年度の6年生からこのプロジェクトを引き継ぎ、今年度の6年生そして5年生も一緒に協力してプロジェクト70の活動を進めています。今年度も定期的に学校での70周年に向けた活動について、ホームページで紹介していきたいと思います。

 実は、7月1日で下末吉小学校は70周年を迎えました!!下末吉小学校は、地域の皆様と関わり、支えながら、70年の歴史を積み重ねてきました。しかし、この2年間コロナウィルスの影響で、地域との関わりが減っている状況です。

 なので、5・6年だけでなく他の学年とも協力して地域との関わりを取り戻す活動を進めています。この活動を通して地域の人との関わりを少しでも取り戻していきたいと思っています。定期的にホームページで活動のことについて紹介するのでお楽しみにしてください!  プロジェクト70 ホームページ係

 

 

 

 

 

 

スピーチコンテストが開催されました。

2022年6月24日

6月23日、鶴見区民文化センター サルビアホールでよこはま子ども国際平和スピーチコンテスト 鶴見区審査会が開催されました。鶴見区内小学校(22校)の代表児童が「国際平和のために、自分がやりたいこと」というテーマで、自分の意見を発表し合いました。

ここでは、堂々とした立派な態度で発表をしたわが下末吉小学校代表の6年生のスピーチを紹介します。

 

スピーチの題名「私は始めます。あなたはどうしますか。」


「誰かが始めなければいけない。他の人が協力的ではないとしても。」これは「嫌われる勇気」を書いたアルフレッド・アドラーが残した言葉です。
日常的なささいなことを「めんどうくさい。どうせ誰かがやってくれるだろう。」と考えてしまいがちです。それでは、何も始まりません。いつまでたってもSDGsは達成できません。苦しむ人々や、生き物は減りません。だからこそ、私が始め、あなたが始め、取り組みの輪、つまりパートナーシップの輪を広げていくことが大切なのです。私はこの実現に向け、下末吉のまちのパートナーシップの土台をつくります。そこで、二つの取り組みを実行します。
一つ目がプロジェクト70の取り組みです。今年は下末吉小学校70周年の年です。私はこれをただ学校の誕生会をして終わるのではなく、コロナの影響で弱くなってしまっている学校や地域の人々との繋がりを強くする年にしたいと思っています。そこで、この2年間コロナの影響で中止になっている夏祭りやもちつき大会の地域の行事の復活を目指します。今、私たち6年生は、企画、運営に協力させていただくための計画を立てています。一番の解決すべき課題は地域行事開催のための環境づくりです。コロナ対策のための人数制限を検討したり、アルコール消毒や飲食するスペースを設置したりします。また、たくさんの人に来てもらい、たくさんの交流の場となるような工夫もします。まず、あるとよい屋台や出し物について、全校にアンケートをとり、みんなにとって魅力的な行事を目指します。コマーシャル活動にも力を入れます。ポスターや動画で校内や地域に発信を行い、行事の復活を大々的にアピールします。このように感染症対策をしっかりした上で、たくさんの人の繋がりを復活できる場をつくります。
二つ目は、私が委員長をつとめている放送委員会で学校内の繋がりを強くする活動をします。まず、より学校のみんなが知り合い繋がっていけるように、クラスや委員会の人たちにインタビューを行い、全校に紹介します。次に、昼の放送をみんなが情報を発信できる場にします。例えば、集会委員会が集会のお知らせをすることで、全校のみんなの楽しみが増えます。運営委員会は、家庭の廃食油の回収やユニセフ募金の発信を何度もすることで、より多くの人たちの協力に繋がるでしょう。
このように、私が地域や学校の繋がりを強くすることで、パートナーシップの土台をつくり上げます。下末吉小学校はすでにSDGsの達成を目指して、様々な活動に取り組んでいます。この土台があれば、協力の輪が繋がり広がっていくのです。
全世界の平和のために、私は始めます。あなたはどうしますか。

水泳学習が始まりました。

2022年6月23日

 6月21日から水泳学習が始まりました。

↑6月23日1,2校時は1年生と2年生が今年初めて水泳学習をしました。

↑1年生対2年生の水かけっこ。水泳学習は命を守るお勉強です。水に慣れて、仲良しになって、いざというとき自分の命を守れるようになりましょう。

↑プールサイドでは白の目印を基に間隔を開けたり、マスクやタオルを入れる袋をフックにかけるようにしたりと、感染症予防対策をとって学習を進めています。

今年は低・中・高の2学年で水泳学習をします。夏休みまでに各学年5回の実施を予定しています。体温の計測や水泳カードの提出など、ご家庭のご協力をお願いいたします。

 

三浦宿泊体験学習に行って来ました。

2022年6月23日

 6月17日と18日に4年生と5年生が三浦宿泊体験学習に行きました。

↑学校での出発式の様子です。1年生がお見送りをしてくれました。1年生が作ってくれたてるてる坊主のおかげで、ちょうどいい季候の中で活動することができました。

↑宿舎に到着後、目の前の海岸でサンドアート(砂山づくり)や生き物観察をしました。

↑1日目の午後はソレイユの丘でのグループ活動や近隣の農家での収穫体験をしました。かぶに玉ねぎ、にんにくを収穫しました。

1日目夜はキャンドルファイヤーで盛り上がり、二日目は野外炊事(カレーライスづくり)とはまぎんこども宇宙科学館見学と、盛りだくさんのプログラムを十分に楽しみました。5年生が立派に成長したことを実感しましたし、先輩を見習って進んで働く4年生を心強く感じた2日間でした。

6年生が歴博に行って来ました。

2022年6月23日

 6月15日、6年生が横浜市歴史博物館の見学に行きました。

↑博物館の展示を見学する6年生です。下末吉小の子は知的好奇心が旺盛で、「見学の時間が足りない!」という声が聞こえました。

↑博物館に隣接した大塚・歳勝土遺跡公園で堅穴式住居の見学もしました。「一泊くらいなら泊まってもいいかな」と言っていました^^。

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる