ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム川和東小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

川和東小学校の ホームページへ ようこそ!!

Create「創造する子」【自分 仲間 学校 まち 夢を創る】

 本校の感染防止対策(R3.8.26.改定)  

 【↓分散登校教育活動全般まとめ↓】  

new【重要】分散登校 9月14日(火)~10月1日(金)給食あり

【重要】分散登校時の家庭での学習方法のまとめ(9月2日)  

第1期分散登校期間の給食費減額申請について(8月31日) 

オンライン学習関連情報はメニューバーの 

☆くすのきGIGA広場>2021年度に移動しました

更新情報

外国語科・外国語活動

2021年9月16日

4年生がAETの先生とともに外国語活動に取り組んでいました。また、6年生は外国語専科の先生と外国語科に取り組んでいました。どちらも、直接コミュニケーションを大切にし、登校学習で対面で授業を行っています。一方で、家庭学習の子たちにはロイロノートを使って、教材をiPadで送り、動画やテキストを見て自学自習できるオンライン学習も並行して行っています。

変わらない風景

2021年9月15日

「おはようございます!」あいさつを交わして登校するBグループの子どもたち。本校は、児童数が900人を超える大規模校です。分散登校でも400人を超える子どもが登校しますが、広いピロティと昇降口、そして子どもたちの行動のおかげで密になることは避けられています。違うグループのお友達と再会できるのはまだしばらく先ですし、子どもの数も半分ですが、1日のスタートとなる朝の風景はあの頃と変わりません。さあ、今日も一日、笑顔でいきましょう!

2021年度川和東小学校学校だより(R3.9.14.更新)

2021年9月14日

分散登校第2期スタート

2021年9月14日

分散登校が2期目に入り、今日はAグループが登校学習となります。オンライン学習が各学年の実態に応じて軌道に乗ってくる中、3年生の教室、この時間にiPadはありません。学習分類Cタイプの「プリント・ドリル学習」に取り組んでいます。とめ・はね・はらいなど正しい字形で漢字を習得するために、集中して学習に取り組む子どもたちです。

秋の気配~キンモクセイが咲いている

2021年9月13日

今日、学校にきてみると、給食室の裏にあるキンモクセイの木が優しい薫りをただよわせていました。まだ暑かった8月下旬から、臨時休業、分散登校と、準備から実践に至るまで、子どもたちと職員は、ともに走り抜けてきました。そして、ふと気づけばもう、秋の気配です。この秋、川和東の子どもたちを笑顔にできる場面をたくさんつくっていきたいと思います。

チャレンジ!

2021年9月12日

先週の金曜日に6年生が学年全体でオンライン授業にチャレンジしました。算数の合同・相似拡大図と縮図の学習を家庭と学校両方をGoogleMeetでつなぎ、教科書やロイロノートを使って学習しました。登校している子も家庭で取り組む子も、発言などの活動を同時に行うため、先生は二つのiPadで自分の学級のClassroomにログインし、家庭学習の子の表情を見るiPadと、学習を進めるiPadに分けて進めていました。先生方の工夫と熱意に引っ張られるかのように真剣に学ぶ6年生。素敵な姿でした。

よく見て書こう

2021年9月11日

4年生、なるほど、こういう使い方もできますね!iPadは学びの方法を広げる、新たな「文房具」です。もちろん、直接自分の手を見てかいている子もいましたし、こうやってiPadを活用する子もいました。「iPadを学ぶ」のではなく「iPadで学ぶ」姿が少しずつ、広がっていっています。「みる」という活動はすべての学びの基本となります。

給食も「食べる」に集中

2021年9月10日

昨年度以来、給食は「黙食指導」のため、みんな同じ方向を向き、食べることに集中する静かな時間となっています。給食は「会食」で楽しむもの、と信じ込んできましたが、食べることに集中することで、残食が大幅に減ったり、準備や後片付けの時間に余裕ができたりしています。それぞれの良さを感じ、今を大切に生きていきたいものです。

家庭科の授業

2021年9月9日

5年生の家庭科の授業です。昨年度から今年度にかけて、なかなか調理などの実習を行えないのですが、子どもたちは家庭科の授業が大好きです。9月から新しい先生との出会いがあり、この日は家庭の仕事についてBグループが学んでいました。家庭科の授業は対面での学習を中心に、自分の生活を振り返り、よく考える授業が進んでいます。

リモート授業の力

2021年9月8日

本校では、オンライン学習をAタイプ(ロイロノート学習)とBタイプ(リモート授業)に分けて進めています。分散登校も3巡目に入り、Bタイプへのチャレンジも、「チャレンジ」から「日常の学び」に変化してきました。たとえば、教室と家庭でリモート授業によってみんなで朝の会をするだけでなく、専科の授業で登校学習の子たちが授業している時間に担任の先生が家庭学習をしている子たちに向けて、リモート授業でコミュニケートを行う場面も見られます。また、教室と家庭で同じ学びを共有している場面もちらほら見かけるようになりました。リモート授業の力は、「何より笑顔」です。画面でつながる子どもたちの姿をみると、クラスみんなが笑顔になります。この笑顔の力を学びのエネルギーにする子どもたちのたくましさ、そして、新しいものをどんどん取り入れていける子どもたちの可能性を日々感じます!

この学びの姿はWi-Fi接続など、保護者の皆様のご協力のおかげです。ありがとうございます。接続や使用について気になることがある場合は、小さなことでも、ぜひ、学校へご連絡ください。ともに考え、問題を解決していきます。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる