創立60周年を祝う

校長 倉岡 政美

 

本宿小学校は、今年創立60周年を迎えました。節目の年は、10周年、20周年等と多くありますが、「十干十二支」や、「一分は60秒」等の例に見られるように、物事のサイクルから見ると、60周年は、さらに大きな節目であると考えます。今までの地域の方々や保護者の皆さん、歴代校長先生方を軸とした教職員の方々が連携し創ってきてくださった校風や教育を引継ぎ、さらに一巡した土台の一段上をめざしていく時だと思います。

昨年本校に着任した際「本物宿せ!本宿小!」というフレーズが私の頭の中に浮かびました。これからの社会は、決して安閑としたものではありません。自然環境や人的環境の変化による災害の増加、それに伴った不安定な経済等々、その中を私たちは、日々たくましく生き抜いていかなくてはなりません。自分のことで精一杯というのが本音のところです。しかし、その様な中でも、光は見えています。「60(むかおー)未来へ かがやけ 本小 スマイル」これは、60周年に際し、子どもたちが創ったスローガンです。そうです、子どもたちの笑顔、輝きの輪が、次の世の中を創っていくのです。そのためには、子どもたち一人ひとりにとって、本物の教育とは何かを問うことが大切です。60年前、二俣川小学校から独立した時に学校・家庭・地域が一体となって新たな学校づくりに取り組まれた思いを再度想起するとともに、繋げ、発展させてきてくださった諸先輩の方々の思いを胸に、平成の次に進むこれからの学校教育の在り方を、みんなで構築して参りたいと思います。60周年おめでとう! そしてさらなる光り輝く発展を! 

最後になりますが、創立60周年記念事業を行うにあたり実行委員会の皆様の献身的なご尽力と、PTA・地域の皆様の多大なご支援ご協力をいただきましたことに対し、心から感謝いたします。