校歌

              「心にいつもみどりの風を」
                      ~荏田東第一小学校校歌~

      作詞:木下 龍太郎      作曲:荒井 英一

     1 いくつも道はあるけれど     自分の道をみつけよう
     指までそまる青空に           大きな夢を描いてみる
     心にいつも緑の風を           みんなの荏田東第一小学校

   2  雪にも折れることもなく     風にも曲がることもない
      天まで伸びる竹のように     体を強くきたえよう

    心にいつも緑の風を           みんなの荏田東第一小学校


   3  芽生えた胸の友情を           月日の中で育てよう   
            笑顔で誓う約束を              みずきの花が見つめてる
            心にいつも緑の風を           みんなの荏田東第一小学校


 

   <校歌の由来>

       歌詞の中に、本校の教育目標が謳われている。

  さらに、本校の学区が緑に囲まれ、閑静で空が広く澄んで、

  手を伸ばすと空に届くように思うことさえあることから、

  副題として「心にいつも緑の風を」とつけられている。
 

校章          

    

  荏田東第一小学校の校章の由来

  荏田地区には、古くから竹林が点在している。

 この地域の象徴として、竹の葉と幹を用い校名を表現した。

 大きな輪は竹の輪を、中の輪は校名の「一」、中央に「小」、

 そして6枚の葉と共に全体で「東」を図案化した。