特色ある教育活動

SGH 海外研修

マレーシア熱帯林調査 

海外における「ほんもの体験」を通じて質の高い課題研究を推進し、グローバルリーダーとしての資質を養うために、SGH 海外研修として3つのプログラム を用意し、代表生徒を派遣しています。


Field Trips

 実施目的: ITTO(国際熱帯木材機関)の協力により、環境保護に関する課題や世界規模の課題の研究を、マレーシアに滞在して行う。
      フィールド実習や森林保護施設等を訪問し、グローバルスタディーズIIを4月からスタートさせるためのリーダーを育成する。
 実施期間: 3月下旬 (4日間)
 活動内容: ・マレーシアの森林経営と熱帯林再生技術学習および自然体験プログラムの受講を行う。
・マレーシアの国有林や原生林を調査し、森林経営について考える。

 

 

 

シンガポール研究発表

 実施目的: 本校のSGHの研究課題であるアジアを中心とした地域の環境保護に関する課題等の研究発表を行う。
 英語でのプレゼンテーション力を高めるとともに、グローバル社会での実践的なコミュニケーション力を身につけた本校SGHのリーダーを育成する。
 実施期間: 1月下旬 (4日間)
 活動内容: ・米国のイエール大学とシンガポール国立大学の提携によるアジア最大級の模擬国連に日本代表として参加する。
         ・世界を取り巻く様々な国際・社会問題について議論を行う。
         ・本校の研究内容をポスター発表する。

模擬国連模擬国連模擬国連
 

オーストラリア イマージョン実習

 実施目的: オーストラリア・クイーンズランド大学の協力により、環境保護に関する課題や世界規模の課題の研究を、ブリズベンに滞在して行う。
英語でのコミュニケーション力を高めるために、ホームステイを実施する等24時間英語のみで集中的な研修を行う。
 実施期間: 1月下旬 (6日間)
 研修内容: ・オーストラリア クイーンズランド大学でオーストラリアの自然と環境破壊について学習する。
・ブリスベンの高校に体験留学し、現地の授業を受けながら海洋生物や環境破壊、保護についての研究を行う。
・ホームステイをしながら、オーストラリアの生活様式、習慣等を学ぶ。

イマージョン実習イマージョン実習イマージョン実習