新たな1ページ

 南高校は、教育理念として「知性・自主自立・創造」を、教育の目的を「計画的・継続的な教育活動を展開し、横浜はもとより国際社会で活躍する志の高いリーダーとなる人材育成」としています。そして、その目的を実現させるための目標として「学びへの飽くなき探究心の育成」「自ら考え、自ら行動する力の育成」「未来を切り開く力の育成」の三つを揚げ、学校づくりを推進しています。
また、平成29年度は64期生を迎え、全校生徒585名でスタートし、1クラス募集初年度入学生と附属中学校1期生が高校3年生になり、「南高」にとって「新たな1ページ」を刻む年にもなります。
 そんな「新しい歴史」を創る「南高生」に一言。カーネギーホールで知られる、アメリカの「鋼鉄王」で「慈善活動家」でもある、アンドリューカーネギーの言葉に、「チャンスに出会わない人間は、一人もいない。それをチャンスにできなかっただけである」という言葉があります。これから訪れる「チャンス」を「ものにできる人」と「できない人」には、どんな違いがあるのでしょうか。「結論が出てからでないと動けない」とか「もっと時間があったらなあ」とか、考えてばかりで行動に移さないと、目の前の「チャンス」は、逃げて行ってしまいます。「時間は有限、だが打つ手は無限」です。まず、行動に移すことを考えて、「南高生活」を送ってください。
 

学校長の顔写真