横浜の歴史や伝統・文化を尊重する姿勢と国際社会で活躍できる力を身に付けます。

「笑顔、輝き、勇気」を「も・と・い・し・か・わ」でつくります。

(も) もっと知りたい。もっとうまくなりたい。いつも学ぶ姿勢を大切にします。(知)
(と) 友だちづくりはあいさつから、仲間と助け合い、協力してやりとげます。(徳)
(い) いつでも進んで運動したり、友だちと協力して健康・安全に気をつけたりします。(体)
(し) 自分のよいところや友だちのよいところを進んで見つけます。(徳)
(か) かかわり合いを大切にします。積極的に地域や地域の人たちとかかわります。(開)
(わ) 私たちのまちの人やものを大切にします。(公)

 

 ○地域の学習

神社見学 元石川小学校では、学年に応じて地域のことや横浜の歴史や文化について調べる学習を行っています。生活科や社会科のまちたんけんでは、元石川の町にある公共施設に出かけたり、地域の方に伝統的に受け継がれているお囃子のお話を聞いたりするなどして、地域のことを深く知る学習に取り組んでいます。

 

○外国語活動(YICA)

AET  外国語活動や国際理解教室では、本年度(平成26年度)はシャラ先生とメイシー先生をAET、IUIとして迎え 、外国語活動に取り組んでいます。また、外国語を得意とされる保護者の皆様のご協力を得て、絵本の読み聞かせや、発音の練習も行っています。 

  英語活動では、先生や友達とのやりとりやゲームを通して、英語の表現に親しみ、コミュニケーション力の育成を目指しています。

 また、国際理解教室では、外国(本年度はミャンマー)の文化について様々な話を聞いたり、日本の文化との比較を通したりしながら、外国の言語や文化についての理解を深めています。

 

 

○ICT(Information&Communication Technology)の活用

 元石川小学校ではノートパソコンやOHC(書画カメラ)、デジタルカメラ、タブレット端末などのICT機器を配備し、その活用を通して、子どもたちが学習においてより「わかった!」「できた!」という達成感をもてるような授業の展開を心がけています。

視聴覚 視聴覚教室にはノートパソコン40台を配備し、子どもたちが直接パソコンに触れられる環境を整えています。発達段階に応じて教科の学習や総合的な学習の時間にパソコンを扱い、課題解決に向けて調べ学習を行ったり、発表のためにプレゼンソフトを用いたりして、その中でICT機器を扱う力の育成を目指しています。

 

 平成26年度よりタブレット端末の導入をはじめ、タブレット端末がもつ操作の容易さやアプリケーションを生かした実践に取り組んでいます。