学校教育目標

   一人ひとりが、自ら考え、判断し行動する力を身につけることで、変化する社会を生き抜く
 総合的な力を育みます。さらに「まち」と共に歩む魅力ある学校を創り上げていくことのできる
 生徒を育てるために、次のことを目標とします。

 老松中学校教育目標

  もいやりを大切にします (徳)
  のちを大切にします (心・体)
  なびあいを大切にします (知)
  ながりを大切にします (公・開)
  

 

 <具 体 目 標>
  • おもいやりを大切にします。(徳)

 ア 人間味あるあたたかい心を持ち、豊かな感性と感動する心をもちます。
 イ 福祉の大切さを知り、進んでみんなのために貢献し、助け合う集団を築きます。
 ウ 社会のなかで、豊かな人間関係を築くために、きまりを守り、あいさつができ、感謝の心を
   もって他人と接する態度を大切にします。

  • いのちを大切にします。(心・体)

 ア 自他の生命だけでなく、すべての命がかけがえのないものであることを学びます。
 イ 規則正しい生活を送り、心身の健康の維持・増進に努力し、安全に心がけて行動します。
 ウ 生活の基本となる食生活について、正確な知識とよりよい行動を身につけます。

  • まなびあいを大切にします。(知)

 ア 自ら学び続ける意思を持ち続け、人の意見をよく聞き、自分の意見を正しく相手に伝えます。
 イ なかまや「まち」の人たちからは様々な生き方を学び、自らの生き方を考えます。
 ウ 基礎・基本を習得するために、日々の学習習慣を確立し、「わかる」喜びを味わえるよう努
   力します。

  • つながりを大切にします。(公・開)

 ア 自分の所属する集団や「まち」の一員としての自覚と責任をもちます。
 イ 広い視野に立ち、郷土を愛し、他国をも尊重する心をもちます。
 ウ みんなのために役立つことを進んで取り組む心を育て、具体的に行動できるようにします。