進め、ミライへ

YOKOHAMA SHOGYO HIGH SCOOL BEKKA

 

校長代理 杉浦 正典

 

 本校は神奈川県で唯一の公立の理容師美容師養成校です。「これからの理美容業界を担う職業人としての認識を深め、理容師・美容師として健全な社会生活を営むために必要な態度と能力を育成する。」という明確な目標において、横浜商業高校の別科として設置されました。歴史も70年を超え、平成30年度からは新たな法制度の下、理容師免許・美容師免許の二つの国家資格を3年間で取得するクラス(理容修得者課程)を設置しました。これは、入学時に理容科に入学し、2年間で理容師の国家資格取得の為の学習を行い、3年目からは美容科に進級し、3年間で理容師免許と美容師免許の二つの資格取得を目指すコースです。これを、「ダブルライセンスクラス」と言い、理容科2年生の希望者の中から校内選考により10名が選抜されます。二つの国家資格があれば、活躍できる場所が増え、就職時にも大きな利点となるので、理容科に入学し、3年間でダブルライセンス取得を目指す生徒が増えています。  また、本校は各科共に1学年40名1クラスの少人数制とし、徹底的に高い技術や知識を身につけさせているので、国家試験合格率は開校以来非常に高いのも特徴です。そして、教員の指導力の高さによる国家試験合格率が高いだけでなく、公立学校なので入学金5,650円、月額授業料9,900円(令和4年度入学生)と他の理容師美容師養成校と比較しても費用が抑えられるのも大きな特徴です。高等学校卒業後に入学する生徒が大半ですが、令和4年度入学生では中学校卒業して入学した生徒も複数名在籍しています。  理容科では、実習授業の中でカットや顔剃りにかける時間が多く、美容科ではワインディングとセット、カットの時間が多いのが特徴です。また、美容科では、メイク・ネイル・エステ・着付けの実習も行っています。理容師免許を所有している者だけが顔剃り(女性専用のシェービングサロンが増加中)を、美容師免許を所有している者だけが、まつ毛エクステンションの施術が可能なので、卒業後の就職先を見据えて、理容科または美容科を選択して欲しいと思います。 理容師美容師は、技術はもちろんのことトータルでのセンスや感性が求められる職業であり、いつの時代にも必要とされる職業です。とてもやりがいのある理容師美容師を目指して、最新の機材と充実した設備を備えた横浜商業高校別科で自分のミライを輝かせてください。