「大規模地震特別措置」に基づく警戒宣言や大規模地震、暴風警報発令などの緊急災害時に備え、児童の保護対策を次のように定めています。

 

○登校前(午前 6時の時点)で「暴風警報」「暴風雪警報」「大雪警報」「特別警報」が発令されている場合

午前 6時の時点で横浜市内(神奈川県全域、または神奈川県東部または横浜・川崎)に上記の警報 4 種類のうち、いずれか一つでも発表継続中の場合は、臨時休業(休み)とします。
※学校からの連絡は行いません。


テレビ、ラジオ、インターネット、天気予報電話サービス(045-177)等で警報の発表についてご確認ください。

※「暴風警報」を伴わない「大雨警報」「洪水警報」の発令では、各家庭の判断での登校になります。しかし、地域によって状況が異なりますので、登校に危険があると判断された場合は、安全が確保されるまで登校を見合わせる措置をお願いします。欠席、遅刻にはなりませんが、必ず学校への連絡をお願いいたします。

 

 

○児童在校中の緊急災害時等の対応について

本校では、児童の在校中に次のようなことが起きた場合、児童を学校に留め置き、保護者またはそれに代わる方に、引き取りに来ていただくことにしています。引き取りまでは、学校で児童の安全確保を行います。(学校からメール配信でご連絡いたします。)

 

 ・「暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」「特別警報」が発表された場合

 ・大地震(震度5強以上)が発生した場合

 ・大規模地震警戒宣言が発令された場合

 ・不審者が出没した場合など

 

※保護者、または「引き取りカード」に記載してある親族の方以外は引き渡しできませんので、ご承知おきください。

※暴風警報が発令されていなくても、天候の急変により下校時間帯に暴風や大雨が予想される場合は、授業を早めに切り上げ、色別地区ごとにまとまって下校することも想定しています。この場合は、メール配信で連絡いたします。

 

災害時の対応 について 

<リンク>

横浜市ホームページ「防災情報」
http://www.city.yokohama.lg.jp/somu/org/kikikanri/


横浜市教育委員会「各種警報の発表に伴う児童生徒の登校・下校について」
http://www.city.yokohama.lg.jp/kyoiku/bunya/keihou.html