ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム日下小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

夢に向かって ともに歩み 未来を拓く 日下小

ようこそ!横浜市立日下小学校ホームページへ!

 子どもたちの様子は、「日下っ子日記」に随時掲載していきますので、ぜひご覧ください。

 「広報よこはま・港南区版12月号」に日下小学校の様子が掲載されています。こちらもあわせてご覧ください。

 横浜市教育委員会・教育政策推進課発行の「CMSニュース第1号」に、本校ホームページが取り上げられ、紹介されました。こちらをクリックするとご覧になれます。 

 

更新情報

6年 こころのバケツを満たしていこう!

2020年11月16日

 

 今回のコーチングでは「承認すること」について学習しました。講師の先生から、ある野球チームの話を聞きました。「一人ひとりの力は高いのに、全然勝てない弱小野球チーム。彼らの問題点は声掛けにありました。失敗すると「ちゃんとやれよ!」「なにやってんだよ!」とけなし合うような言葉が飛び交うのです。マイナスな言葉かけは恐怖や不安を与えるため、次のパフォーマンスは70%ほどになります。一方で、「ドンマイ!」「次がんばろう!」などプラスの声掛けをするとそれは安心や自信につながり、次のパフォーマンスは120%になります。」そのチームは声掛けを変えただけで7/10試合勝てるチームになったそうです。 

でも・・・いい声掛け、温かい声掛けをしたほうがいいことなんて分かっていて、できるときとできないときがあります。それは、「こころのバケツ」によって変化するからなのです。こころのバケツが満たされていると、人にやさしくなれたり、素直になれたりします。こころのバケツの水が減っていると、人にやさしくできなかったり、やさぐれた態度になったりします。こころのバケツは不思議なバケツで、人のバケツに水を足してあげると自分のバケツの水も増え、人の水を奪うと、自分のバケツからも水が減るのです。 

 今回のワークでは、友達の背中にはったしずくに温かい言葉を書き合って、互いのこころのバケツを満たしていくというものでした。書いてもらった言葉を読んでこころのバケツを満たした後・・・膝たたきゲームに挑戦すると、ワークの前よりもタイムが伸びました。 

 最後の振り返りでは、「自分のいいところをたくさん見つけてもらえて、バケツがいっぱいになった気がする」「これからも互いのバケツを満たしていきたい」など生活に生かしていこうとする姿がみられました。 

1年 ドングリひろい

2020年11月12日

 

 

 1年生は、磯子工業高校へドングリひろいに出かけました。グランドには、数えきれないほどのドングリが落ちていて、子どもにとっては秋のおたからでした。 

 「太っちょを見つけたよ!」「帽子つきを発見したよ!珍しいね。」「見てみて!赤ちゃんドングリだよ。」と興奮気味にたくさん報告をしてくれました。 

 これからは、どんなふうに秋を使って遊ぼうか…相談しながら学習を進めています。

4年 資源循環局出前授業

2020年11月6日

 

4年生では、社会科「ごみはどこへ」の学習で出前授業を行いました。実際のごみの処理の仕方やごみを出す際の注意点、横浜市の取り組みなどを学びました。また、実際にごみ収集車にごみを入れる体験をしたり、破砕車という車が大きなものを壊して処理をするところを見たりするなど初めてのことに子どもたちは大興奮でした。出前授業で知ったことや興味をもったことなど今回の活動を生かしながら「ごみはどこへ」の学習を深めていきます。

 

令和2年度 日下小運動会 「太陽のように かがやけ日下っ子」

2020年11月4日

  「太陽のように かがやけ日下っ子」 

 10月31日(土)に運動会を行いました。今年は例年と異なり、午前の部(1、2、3年生)、午後の部(4、5、6年生)の二部開催になりました。

 太陽のような熱い気持ちをもって取り組んだ日下っ子。一人ひとりのがんばりが発揮され、輝かしい運動会になりました。

午前の部(1、2、3年生)

午前午前 日下体操

午前 玉入れ午前 宝運び

午前 台風の目午前 リレー

午後の部(4、5、6年生)

午後 宣誓午後 体操

午後 綱引き午後 バケツ

午後 大玉応援団

午後 リレー午後 ソーラン

スローガン 各色マスコット

スローガンマスコット

 保護者の皆様、当日までの体調管理等、ご協力ありがとうございました。

4組 夏野菜から冬野菜へ

2020年10月7日

 冬野菜の種まき冬野菜の種まき

冬野菜の苗植え冬野菜の苗植え

9月18日、10月2日 学校の学習用畑

 4組では、生活の授業の中で、季節の野菜を育てる学習を行っています。夏の暑さもようやく落ち着き、育てていた夏野菜たちが実をつけ終わったところで、冬野菜を育てようと大根とかぶの種をまきました。種の大きさの違いを観察したり、まく位置を間違えないよう声を掛け合ったりしながら、楽しんで取り組みました。また、白菜の苗も一緒に植えました。

 子どもたちは、野菜が大きく育ってくれることを願いながら、水やりや草取りに励んでいます。

1年 はまぎんこども宇宙科学館遠足

2020年10月6日

 

  

1年生は9月25日、はまぎんこども宇宙科学館へ遠足に出かけました。 

科学館では最初に、2つのグループに分かれてプログラミング体験と館内見学をしました。初めてのプログラミング体験となる子どもたちも多くいました。PETSくんというロボットがケーキを取り戻して、お城へ向かうためのプログラミングを行います。ロボットにブロックを指し、予想通りの動きをすると大喜びしていました。「面白かった!またやりたいな。」という声がたくさん上がるほど、真剣でした。各フロアでのアトラクションも楽しみ、お弁当の後にはプラネタリウムの鑑賞をしました。きらきらと目を輝かせながら夜空の世界を楽しみ、月や星が動いて見える面白さを実感しました。中秋の名月にも、「今日はお月見だね。見えるかな?」と話すなど関心が高まったようです。

次の行事は運動会です。日下小学校に入学してから初めての大きな行事に向けて、子どもたちは期待を胸に日々生活しています。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる