ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム日下小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

夢に向かって ともに歩み 未来を拓く 日下小

ようこそ!横浜市立日下小学校ホームページへ!

 子どもたちの様子は、「日下っ子日記」に随時掲載していきますので、ぜひご覧ください。

 「広報よこはま・港南区版12月号」に日下小学校の様子が掲載されています。こちらもあわせてご覧ください。

 横浜市教育委員会・教育政策推進課発行の「CMSニュース第1号」に、本校ホームページが取り上げられ、紹介されました。こちらをクリックするとご覧になれます。 

更新情報

4組 港南区合同宿泊学習

2019年11月27日

4組 港南区合同宿泊学習4組 港南区合同宿泊学習 

4組 港南区合同宿泊学習4組 港南区合同宿泊学習

 先月末の29日・30日に、港南区合同宿泊学習として「はまぎんこども宇宙科学館」と「野島青少年研修センター」に行ってきました。

 1日目はあいにくの雨でしたが、館内ではグループ行動をしっかり守り、宇宙や科学のことを遊びながら楽しくふれあえました。研修センターでは、他校との交流を深める「野島のつどい」に楽しく参加し、夕食のカレーをみんなでおいしく食べました。1年生は初めてのお泊りでしたが、あまり緊張しすぎず、次の日のことを考えてわくわくしながら眠りに就きました。

 2日目は天気も回復し、さわやかな秋晴れの中で過ごせました。八景島が見える公園では、海の生き物の観察や秋の木の実探し、野島山に登ってみんなでおいしいお弁当を食べたりと、秋晴れの下でゆったりと過ごせました。野島山では、シャボン玉を飛ばしてみたり、持ってきたボールでサッカーをしたりと、みんなで楽しく遊ぶことができました。

4年 県警・都市発展記念館見学

2019年11月26日

 1122日(金)に神奈川県警・都市発展記念館へ見学に行きました。神奈川県警では、私たちの生活を守る警察の仕事を、都市発展記念館では横浜の発展に大きくかかわった吉田勘兵衛について学びました。

 午前中には都市発展記念館に行きました。約360年前、現在の関内周辺地域は海に覆われており、吉田勘兵衛はその地域を埋め立て吉田新田としました。見学での学芸員さんの説明や、土を運ぶ「もっこ体験」などを通して、子ども達は吉田新田を作った先人たちの苦労やその思いを考えることができました。

 午後には神奈川県警に行きました。警察の仕事体験コーナーでは、実際の警察官の制服を着たり、昔使っていた白バイに乗ったりし、とても楽しみました。また、交通管制センターや通信指令室の様子など、普段見ることができない場所の見学を行うことで、私たちの生活の安全を守る人たちの存在や苦労について改めて考えることができました。 

 見学中はあいにくの雨でしたが、子ども達は周りに気を配りながら、交通マナーを守り行動できたと思います。今後も今回学んだことを学校生活で生かしていけるよう声掛けしていきます。

2年生落花生・サツマイモの収穫

2019年11月20日

10月16日(水)落花生の収穫、11月14日(木)サツマイモほりを行いました。落花生の収穫では、土の中に落花生ができるということを初めて知った子どもたちは驚いた様子でした。たくさんの大きな落花生を収穫することができました。茹でてから塩をふって、ご家庭でおいしくいただいたと聞きました。

 

 サツマイモほりでは、土をほっていくと大きなサツマイモがたくさんとれて、大喜びでした。サツマイモも数日おいてから、おいしくいただいたと思います。

 

 畑の先生の宮澤さん、今井さんがいつもお世話をしてくださっているので、とても立派に育ち、秋の収穫を楽しむことができました。また、当日お手伝いをしていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。

 

 

3年 港南区児童音楽会

2019年11月18日

 

 11日(月)戸塚公会堂で港南区児童音楽会が行われました。今回はリコーダー奏「花笛」と合唱「エール!!」を披露しました。花笛では、ペアコンサートで演奏したところからさらにレベルアップし、二重奏に挑戦しました。また「エール!!」は、素敵な歌声を響かせることが出来ました。

 いつもとは少し違う装いで、大人な雰囲気の子どもたちは、ステージに上がってスポットを浴びるととても緊張した表情を浮かべていました。しかし、演奏が始まると、練習の成果を発揮し、素敵な音色を奏でることができました。

指導講評の先生からは、リコーダーのやさしい音色とよく響いた歌声をほめていただきました。

 学校に戻ってからお弁当を食べましたが、緊張の解けた子どもたちの表情はとても明るいものでした。

2年 野毛山動物園遠足

2019年11月15日

  11月13日(水)野毛山動物園遠足に行きました。実行委員を中心に考えたスローガン「友だちにもどうぶつにもやさしく たのしいえん足にしよう」に向けて、学年で思い出に残る一日になるように取り組んできました。

出発式は実行委員が担当し、元気よく「いってきます。」と2年生が言うと、全校が「いってらっしゃい。」と見送ってくれました。動物園では、はじめに「なかよし広場」で小動物と触れ合い、とても楽しそうでした。その後、グループ活動でいろいろな動物を見て回り、たくさんの動物たちと仲良くなれたようでした。

遠足の一日を通して、2年生の子どもたちの成長した場面を多く見ることができてとてもうれしく思いました。道の歩き方や動物園内の行動など、約束をしっかり守って過ごしました。また、電車に乗る前に待つ時間があったのですが、静かに並んで待つことができ、大変立派でした。これからの子どもたちの成長がますます楽しみになりました。

 スローガンふれあい

ふれあいフラミンゴ

2年 マリノス食育サッカーキャラバン

2019年11月8日

 11月7日(木)3、4時間目に2年生の子どもたちがとても楽しみにしていた、横浜F・マリノスサッカーキャラバンが行われました。二人のコーチに、サッカーと食育についてご指導をいただきました。

 

はじめは、ボールと仲良くなるために慣れの運動を行い、だんだん難しい動きを教わりました。ボールの扱いに慣れてくると、楽しそうにドリブルをしたり蹴ったりすることができました。その後、チームに分かれて試合を行いました。どのチームも一生懸命ボールを追いかけたり、ゴールを狙ってシュートをしたりしました。

 

給食の時間には、コーチの方に教室に来ていただいて、一緒に給食を食べました。食べた後には、「朝ご飯をしっかり食べること」「苦手な食べ物も一口は食べてみよう」「しっかり食べて自分の体をつくろう」という食育の話をしていただきました。また、夢をもつ大切さについても考えることができたようです。とても貴重な経験をした一日となりました。

  

サッカーキャラバン写真サッカーキャラバン写真

サッカーキャラバン写真サッカーキャラバン写真

全校 ペアコンサート

2019年10月26日

  10月26日土曜日、ペアコンサートが行われました。心配だった天気も気持ちのよい秋晴れとなり、透き通るような歌声が体育館に響き渡りました。

 

2校時 1年生6年生「にこにこ笑顔で絆と歌声とどけよう」

 ペア1ペア2

①はじめの言葉②6年合奏「八木節」③1年合奏唱「きらきらぼし」④1年斉唱「パプリカ」⑤6年合唱「with you smile」⑥ペア斉唱「気球にのってどこまでも」⑦感想⑧校長先生のお話⑨おわりの言葉
 

3校時 2年生4年生「みんなの笑顔で協力して素敵なハーモニーをひびかせよう」

 ペアペア4

①はじめの言葉②4年合奏「ソーラン節」③2年音楽物語「スイミー」④4年リコーダー奏「オーラリー」⑤4年合唱「U&I」⑥ペア斉唱「パプリカ」⑦感想⑧校長先生のお話⑨おわりの言葉

  

4校時 3年生5年生「心を合わせて、最響のハーモニーをとどけよう」

 ペア7ペア6

①はじめの言葉②5年合奏「ゴジラ」「ルパン三世」③3年リコーダー奏「2001年~花笛~ブラックホール」④3年合唱「エール!!」⑤5年合唱「明日へ」⑥ペア斉唱「世界が一つになるまで」⑦校長先生のお話⑧おわりの言葉

 

多くの保護者の方々や、地域の方々にお越しいただきまして、ありがとうございました。

第3回校内重点研究(情報教育)授業研究会

2019年10月23日

 

  本校の校内重点研究は、情報教育を研究しています。

 情報活用能力を生かし、問題を解決する子どもの育成~日下小らしさを大切にした情報教育の授業づくり~を研究主題として行われている本年度の校内重点研究(情報教育)。

 今年度第3回目は、6年2組久本級、2年3組田中級、3年3組桑原級での校内授業研究会を10月21日(月)に行いました。

 6年2組では、体育のフラグフットボールを行う上で、動画撮影と作戦ボードアプリを活用し、作戦会議などコミュニケーションがより円滑にできるように、iPadを使用しました。

 2年3組では、国語の「お話のさくしゃになろう」で、様々な教科で活用してきたICTスキルを活用し、プレゼンテーション用ソフトを用いたデジタル紙芝居の作成を行いました。

 3年3組では、図工「ふしぎな乗り物に乗って、レッツゴー!」で、プログラミングアプリを用いて、自分が考えた乗り物を、コンピュータ上で動かし、自分の思いを膨らませるという、プログラミング教育を行いました。

 授業研終了後の全体会では、その成果と課題について話合いが行われました。教科と情報教育のめあてに関すること、ICT機器を授業の中でどのように位置づけるか、アプリやICT機器の操作など子どもたちがどこまでできるとよいか等、教師間で共通理解を図りました。話し合ったことを今後の授業づくりに生かしていきます。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる