ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム藤が丘小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

ようこそ 横浜市立藤が丘小学校のホームページへ!

学校教育目標 ひびき合い ともによりよく生きる

谷本中ブロックスローガン 笑顔であいさつ ~自分を認め 相手を認め~

R元年度 緊急時の対応について&メール配信ガイドライン 

通学路はたふり誘導ハンドブック~お当番の際に是非ご一読ください(PTAのページにもあります) 

校歌・ぼくら藤が丘の子 

更新情報

国際理解教室ありがとうございました

2020年2月17日

 

先週の月曜日にIUI(国際理解教室)の先生とのお別れ会が行われました。早いもので、4月に出会ってから、もうお別れです。香港の文化についてゲーム、実物などを交えてたくさん教えていただきました。本当にありがとうございました。

第9回おやじ杯マラソン大会

2020年2月15日

よいコンディションに恵まれ、本日第9回目のおやじ杯マラソン大会が開催されました!おやじの会の皆様を中心に、藤小応援団のボランティアの方、また、保護者の方々の協力を得て、子どもたちが学校生活では味わえない、長距離走の充実感を味わうことができました!どの子どもたちも、終わった後の笑顔が印象的でした!皆様のご協力に感謝いたします!!

インターネット会議

2020年2月14日

4年生の学級で、テレビでインターネット会議を使った学習を行っていました。遠く離れた大学のみなさんにご協力いただき、数カ国からの留学生の方々と子どもたちがコミュニケーションを楽しみました。生き生きと、笑顔で話す子どもたちの姿が印象的でした。コミュニケーションツールを正しく使って学ぶことの価値を改めて感じた活動でした。ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!!

今年度最後の避難訓練

2020年2月12日

今年度最後の避難訓練が行われました。1年間のまとめとして、休み時間に、予告なしで行いました。放送を聞き、「どこで火事が起こったのか」「どうやって避難したらよいか」を聞き取ります。校庭で遊んでいた児童は、真ん中に集まることができました。自分たちで、クラスごとに並ぼうとする姿も見られました。自分で判断して動くことはなかなか難しいのですが、大切な命を守るため、これからもそのような指導を積み重ね続けていきます。

目が輝く異文化とのふれあい

2020年2月9日

国際理解教室は、子どもたちが楽しみにしている授業です。外国語の学習と違うのは、「異文化の理解」を主としていることです。今年度は、香港の文化を身近なもので楽しくわかりやすく教えてくださる先生で、いつも授業は藤っ子たちの目がキラキラと輝いています。

漢字検定

2020年2月8日

本日、本校で漢字検定を行いました。学校ボランティアの藤小応援団の方々にご協力いただき、一年生から大人まで、藤小に関わる140名の方々が検定に挑戦しました。語彙力のアップにはもちろん、学校も指導を行っていますが、このような機会が、学びの可能性を広げることを願ってやみません。地域コーディネーターの方々、ボランティアの保護者の方々、OBOGの方々のおかげで実現できた取組です。心から感謝申し上げます。

出汁を使って

2020年2月7日

5年生は家庭科の調理実習の授業で、「出汁」をつくり、お吸い物を作っていました。出汁といえば、日本の料理文化の根源、そして、今や世界にも広がっている味のスタンダードです。日本の誇る出汁文化を、この学びから感じ取り、未来につなげてほしいものです!

横断歩道がきれいになった

2020年2月6日

一月末に、藤が丘小学校の通学路でもある駅前の交差点の横断歩道がきれいに塗り直されているところを見ることができました!毎年、横断歩道の表示がみえにくくなっていることを校外委員さんを中心にスクールゾーン対策協議会で改善要望してきました。そのこともあっての塗り直しなのでしょう。子どもの安全がこういうことで改善されていくのはとてもありがたいことです!!

寒くても冬遊び

2020年2月5日

1年生が、冬のあそびをしました。昔遊びとは別に、ビニル袋をもち、風を集めたり、風を感じたりしました。「つめたい!」「さむい!」「北風ってこんなかんじ?」「ふくろがとんでいった!」冬にも負けず、元気に走っていました。

給食室ツアー!!

2020年2月4日

1月24日(金)から始まった給食週間が終わりました。給食週間の取組の一つとして、給食委員会による給食室ツアーがありました。本校の給食室は、外から仕事の様子がよく見えるので、給食を作っている様子を見て、何をしているのかを給食委員会の児童が説明しながら案内する、という企画です。1月31日(金)は、2年生と個別支援学級の児童を対象に中休みに行われました。この日の献立は、ぶり大根。大きな回転釜で、ステンレスヘラを使って大根をいためて、煮ている様子を見学し、給食委員会の児童が説明してくれました。ステンレスヘラはまるで、土を掘り返すスコップのようだったので、その様子を見た児童は、とても驚いていました。また、2月3日(月)に使用する、ごまじょうゆあえのごまの検品の様子も見ることができました。バットにあけ、一つひとつ、異物がないかなどを丁寧に検品していました。こうやって、安全に配慮して作られている給食。給食が子どもたちの口に入るまでには、食品を作ってくれる人、運んでくれる人、献立を立ててくれる人、調理してくれる人、多くの人々が携わっています。その一端を知ることができる、貴重な機会でした。

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる