通級指導教室について

 
 市ヶ尾小学校には、通級指導教室があります。普段は在籍校で過ごしている児童が、週に1回程度、1回につき1~3時間ほど、通級指導教室に通ってきて指導を受けます。

 市ヶ尾小学校の通級指導教室は「きこえとことばの教室」「まなびの支援教室」があります。

 

 

「きこえとことばの教室」

「きこえとことばの教室」は、ことばの理解や表現・発音に課題があったり、聞こえにくいことからコミュニケーション上の課題があったりする児童を対象にしています。

〇担当エリア
 青葉区・緑区・都筑区内の各小学校に通学する児童
 
 

「まなびの支援教室」 

「まなびの支援教室」は、学習や学校生活で本人が力を十分に発揮するために支援の工夫が必要な児童を対象にしています。

〇担当エリア
 青葉区内の小学校に通学する児童(通学にかかる時間により一部調整区域あり)
 

在籍校との連携

 
通級での指導は、在籍校と連携しながら進めていきます。
 
主な内容は
1. 学校訪問→  (通級児が在籍している学校に訪問し、授業参観や情報交換をします。)
2. 担任者会→  (在籍校担任が通級指導教室に来て、通級の担当者と情報交換をします。)
3. 指導の記録→ (年に2回、通級指導教室での指導の様子について書面で報告します。)
4. 連絡帳→   (保護者、在籍級担任、通級担当者の間で情報の交換をします。)
 
 

通級を利用するには

 
通級を希望する場合は、横浜市特別支援教育総合センターで就学相談・教育相談を受けていただきます。
相談の結果、通級指導が必要であると判断が出た場合に、通級開始のための手続きが始まります。
※申し込みについては、特別支援教育総合センターのページをご覧ください。
特別支援教育総合センター(クリックするとページにとびます!)
 
 

支援センター機能について

担当エリア(きこえとことばの教室-青葉区・緑区・都筑区/まなびの支援教室-青葉区)の小学校に対して、要請に基づき支援をおこないます。

1. 学校を訪問して指導場面の参観や担任からの相談を受けて、児童
の特性理解や具体的な対処の方法について助言をおこないます。
2. 校内の特別支援教育研修会の講師をします。
3. 特別支援教育コーディネーターや学級担任からの相談に応じて助言をおこないます。
4. 特別支援教室の教室環境、運用の仕方、指導方法等について助言します。
5. 区ごとに開催される特別支援教育コーディネーター連絡協議会に参加し事例検討等における助言や情報提供をおこないます。
 
 

手続き方法について

○支援センター機能による支援を希望する学校は、特別支援教育コーディネーターが、日程や内容について、通級指導教室担当者に電話連絡し、調整を行ってください。学校長は設置校長に電話でご依頼ください。(日程や内容について通級指導教室に電話連絡し、調整を行ってください。)

○申請書は、学校便利帳に掲載されています。(マニュアル・様式 → 教務(教務) → 特別支援関係)

 

防災計画について

 
 
 
 
 
 

通級に関するお問い合わせ先

 

・横浜市特別支援教育総合センター

           TEL:045-336-6020