学校長 木村 達洋

本校は、相鉄線鶴ヶ峰駅北西より西に延びる16号線、北に延びる白根通りの間に広がる近郊住宅地域に位置し、所々に森や畑が残り、自然環境に恵まれた地域に建つ創立70周年を迎える学校です。
保護者の教育に対する関心は高く、地域行事が活発で、PTA・町内会などの組織も協力的です。
また、地域住民は代々本校の卒業生という方も多く、本校に寄せる母校愛に加え期待は大きく、良き理解者・協力者として温かい目を向け協力を惜しみません。


多くの協力を受けながら本校では、「自ら学び伸びる」「共に生きる」「健やかな体をつくる」を学校目標に据え、基礎・基本の重視や読解力向上に向けた教育課程の編成を行っています。
更に、平和教育、キャリア教育、宿泊体験学習などを盛り込んだ総合的な学習の時間の充実、一人ひとりの良さを大切にした温もりのある生徒指導や特別支援教育の充実、部活動を通した深みのある人間形成に力を入れています。
今後、ますます「まちの学校」として地域・保護者の方々との連携を大切にしながら魅力のある学校づくりを進めてまいります。