学校長あいさつ   樽町中学校校長  岡田 光則  

 

  

 すっかりと春めいてきた中、本校では平成30年4月5日に始業式、入学式がおこなわれ、生徒数813名で今年度がスタートいたしました。日ごろより、地域、保護者の皆様には本校の教育活動に御理解と御協力をいただき感謝申しあげます。                               

 申し遅れましたが、今年度着任しました岡田光則です。よろしくお願いいたします。昭和61年に横浜市に採用され、今回が7回目の異動で、緑区が9年、青葉区が10年、そして港北区が今回14年目となります。奇しくも8校全ての学校区に鶴見川が流れており、社会科の教師としては、ついつい川について語りたくなります。

 さて、樽町中学校は開校以来、生徒の活動を地域、保護者の皆様に支えていただきながら歴史を刻み、伝統を築いてきたのだと思います。心より御礼申しあげます。学校教育目標『だれもが、安心して、豊かに、生活・学習できる学校をつくります。』そして「1年生は樽町の希望、2年生は樽町の顔、3年生は樽町の心」という学校教育目標に基づき、教育活動を展開し、具現化してきたと聞いております。来年はラグビーW杯、再来年は東京オリンピック、パラリンピックで横浜が舞台となり、実際にすぐそこで競技がおこなわれます。これほどの恵まれた教材が身近にある状況の中で、世界に開かれた横浜の樽町中学校の生徒、卒業生が地域に根ざし、誇りをもって国際社会に貢献できるよう成長していける教育環境を整えていけたらと思っています。

 樽町中学校教職員一丸となり、取り組んでまいりますので、地域、保護者の皆様のさらなる御支援、御協力をよろしくお願いいたします。

                                              (平成30年度 着任)

 令和2年度「新年度を迎えて」 [564KB pdfファイル]