学校長あいさつ

   

「自主・自立」

 

校長 鈴木 均

 

校長の鈴木でございます。平成284月に学校長として着任し、今年度で5年目を迎えます。よろしくお願いいたします。

 

令和2年度は新型コロナウイルス感染症対策のため、年度末からの一斉臨時休業や卒業式、入学式の参列者の制限など様々な対策が行われました。生徒たちにとっても残念で悲しい気持ちだったと思います。しかしこれらの対策は誰かがやればいいということではなく、私たち一人ひとりがそれについて正しく理解し、行っていかなければならないものだと思います。そして、これらの対応が感染症の収束に向かうものと信じ、一歩一歩進んで行きたいと思います。

 

さて、感染症対応が行われている中、46日に新入生203名を迎えて入学式を行いました。47日には全校生徒596名で始業式を行い、令和2年度のあざみ野中学校がスタートしました。入学式、始業式では子供たちにあざみ野中学校で生活するうえでキーワードとなる2つのことを話しました。それは『自主・自律』『「誰もが」「安心して」「豊かに」生活できる学校を目指して』です。新学習指導要領の全面実施を来年度に控え、学校教育も新しい時代への移り変わりの時を迎えています。あざみ野中学校は今年も「生徒たちはもちろんのこと、保護者や地域の皆様そして教職員も含めてすべての人たちが好きになる学校」を目指して、この2つのキーワードを基に教育活動を進めてまいりたいと思います。今年度も皆様からのご理解とご協力、そしてご支援をよろしくお願いします。