ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム南高等学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

横浜市立南高等学校 校舎の写真

更新情報

留学生のいる日常

2022年9月26日

 

現在南高校には4名の留学生が在籍しています。

彼女たちは、本校生徒の家庭にホームステイをしており、一南高校の生徒として、授業や学校行事、部活動に積極的に参加しています。

左の集合写真は、4名の留学生と港南国際ラウンジからボランティアで来てくださっている日本語の先生によるものです。彼女たちは日本語や日本の文化を学びたいという思いも強く、熱心に勉強しています。

彼女たちがいるおかげで、本校の生徒にとっては、異文化交流や、英語でコミュニケーションをとる機会となっています。

留学生のいる日常は、南高校・附属中学校に新たな学びや活気をもたらしています。

 

昨今の情勢から海外に足を運ぶことはまだまだ厳しいです。そのような状況の中でも、グローバル人材の育成のために、留学生の受け入れ、送り出し、日本にいながらも英語を使える機会(海外大学の日本キャンパス訪問や国際プログラムへの参加など)など、少しでも生徒が英語を使ったり、海外の人々とつながったりすることのできるチャンスを今後も提供していきたいと思います。

 

【祝】弓道部関東大会出場!

2022年9月5日

 820()21()に、神奈川県弓道大会個人の部兼関東高等学校個人選手権選抜大会県予選会において、本校2年(68期生)の亀井虹花さんと八田光平さんが入賞を果たし、93()に行われた関東大会へ出場しました。

 

本校弓道部としては実に5年ぶりとなる上位大会への出場でした。

日々多くの方々に支えられている中で、こうして一つの結果を残してくれたことを誇りに思います。

2人ともおめでとうございます!今後も頑張ってください!

 

 

 

9月の食堂について

2022年8月31日

9月の食堂メニューを更新しました!

 

9月の献立はこちら [544KB pdfファイル] 

9月の営業予定日はこちら [313KB pdfファイル] 

合唱コンクール

2022年8月20日

 7月12日(火)に神奈川県民ホールにて、合唱コンクールが開催されました。どの学年も感染症対策をとりながら限られた時間の中で練習に取り組み、本番ではその成果を発揮できた様子でした。

 

 <グランプリ3-2(クラス代表 指揮者生徒)>

 2組がグランプリをとることができたのは、クラスのみんなの性格がつくり上げた雰囲気のおかげだと思います。結果発表の瞬間は本当に人生で最高の時になり、アンコールステージの2組の歌は今まで聴いたどの歌よりも感動して、本当に大切な1日になりました。そして、高校最後の年に合唱コンクールを開催していただき、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

 

 

 
<運営 文化委員会委員長>
 私は、今回の合唱祭に臨むにあたり「南高の伝統を絶やしたくない」という一心で準備をしていました。私が中学生のときに感じた、背筋が伸びるような、緊張感や、鳥肌の立つ感覚が忘れられなかったからです。それなのに、当日最初の合唱が始まる前までは、運営責任者として何があっても軸をぶらさない、威厳を保ち続ける、ということばかり考えていました。けれど、最初の合唱の歌声を聞いた瞬間にやっと気づいたのです。「そうだ、これは私の大好きな合唱コンクール。」と。本番前に「とにかく委員が楽しむこと!」と自ら伝えたにも関わらず、自分がそれを忘れていました。中高全校の歌声が、南高伝統の姿を思い出させてくれました。そしてもう一つ、私は今回「全員でつくりあげる」ということを目標に掲げていました。実際に本番も全員で力を合わせて取り組めたのは「できる限りの最高の状態で終わらせる」という強い意志を全員が持っていたからだと思います。生徒だけでなく、先生方とも一体となったようなあの感動を忘れることはありません。
 最後になりますが、新型コロナウイルスに悩まされながらも、開催に踏み切ってくださった校長先生、様々な面からこの行事を見つめ、運営のためにご尽力くださった中高文化委員会担当の先生方、私たちの青春のひと時を守っていただき、本当にありがとうございました。様々な苦難はありましたが、これだけは確かです。“合唱コンクール楽しかった!!!”

【快挙】日本初の銀メダル獲得!

2022年8月20日

7月29日から8月6日までスペイン・バルセロナで開催された「2022 29er World Championships」において、本校3年、67期生の後藤凛子さんとペアの市橋愛生さん(早稲田佐賀高)が、女子2位・銀メダルを獲得しました!

何とこの大会においては男女を通して日本初のメダルです。おめでとうございます!7月にオランダ・ハーグで行われたユース世界大会も快挙でしたが、今回は大人の選手もいるレースでの好成績となりました。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

大会を終えた後藤凛子さんからメッセージが届きました。

「7月から2つの世界選手権に参加するために、オランダとスペインに1ヶ月遠征してきました。結果は、Youth Sailing World 29er級 3位(オランダ・ハーグ)、29er World Championship 女子 2位(スペイン・エルバリス)でした。どちらも日本人初のメダル獲得です。この活動を理解し、協力していただいた皆さんに感謝します。先生方や南高生の皆さんの協力的なサポートや声援はとても力になりました。本当にありがとうございました!」

通常の高校生活では味わえない貴重な経験を2学期が始まったらたくさん聞かせてくださいね!おめでとうございます!

 

東工大スタディーツアー

2022年8月1日

 

東京工業大学の篠崎名誉教授より南高生限定「東工大スタディーツアー」への参加のお話をいただき、7月29日(金)に参加希望者30名とともに東京工業大学を訪問しました。3年前に1回目が実施され、今回で2回目の実施となりました。今回のツアーでは東工大で学んでいる南高の卒業生やTPGTaki Plaza Gardener)に所属する大学院生によるプレゼン・交流会を新たに企画していただきました。卒業生との交流会では、予定時間ギリギリまで大学での生活や受験勉強について熱心に質問をしていました。また、工藤特命教授による「国際宇宙ステーションにおけるメダカの骨実験」の模擬講義や、大島・山崎研究室、生駒研究室などを見学させていただき、東工大の講義や研究を実際に体験することができました。お世話になった先生方や卒業生、貴重な体験をありがとうございました。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる