10月22日(木)、学校のトップバッターとして3・5年生のスポーツフェスティバルが行われました。子どもたちは、朝、登校をしたらすぐに着替え、気合十分な様子で始まりました。

 当日まで、「密にならないような対策を取りながら、少ない時間でどのようなことができるか」と、5年生の実行委員の子どもたちが中心となって競技内容を考えました。そして、愛川で踊った「ジンギスカン」の踊りを3年生に教えに行ったり、競技での並び方を教えたりしました。練習では、どちらの学年も、前に立つ人の方をすぐに向き、集中して取り組み、少ない回数で動きを覚える姿が見られました。

 当日は、より一層集中し、いい緊張感をもって臨めたようです。教室に戻り、子どもたちに話を聞くと、「5年生のおかげでこの競技ができたんだね」「5年生、かっこいいな」と言った声が、3年生からあがってきました。5年生の子どもたちも、「高学年として3年生を意識した行動ができた」「3年生の手本になれた」と充実感を感じていたようでした。

 2学年という少ない人数でしたが、そのおかげで、より相手意識を強くもつことができ、より深いかかわりとなったようです。今後のかかわりも楽しみです。

 保護者のみなさま、当日まで子どもたちに励ましのお声かけ、ご参観ありがとうございました。