今年度21回目を迎えるホタル観賞会は、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。しかし、矢向小の子どもたちにホタルの光をどうにかして見せることができないか議論を重ねました。その結果、室内で飼育を続けることで、ホタルの光を届けることができそうです。

保護者の皆様や地域の皆様には、このホタル日記を通してホタルの様子をお伝えしたいと思います。

4月17日 金曜日  天気:くもり 気温:15℃

 今日は、ホタルを放流する水そうの準備をしました。ホタルは水中で10か月ほど過ごした後、夜に発光しながら上陸し、土にもぐります。その後、土まゆを作って、さなぎとなります。水そうと土を用意し、ホタルがもぐりやすいように土を耕したり斜面を作ったりしました。

   

 

4月27日 月曜日  天気:くもり 気温:16℃

 今日は地域の協力者市川さんと、市川さんのお孫さんと一緒にホタルの幼虫を放流しました。

 一つの水そう(たて30㎝よこ55㎝)に200匹×5個 合計1000匹の幼虫が放流されました。

 今夜、土にもぐるために動き始めます。その時に見られる幼虫の光がきれいだそうです。今から楽しみです。

   

 

4月27日 月曜日 夜  午後7~8時頃

 ホタルの幼虫たちが土の中でさなぎになるために移動し始めました。写真では伝わりにくいですが、水槽を上から撮影したものです。ホタルが放つ光はとても幻想的で、時間が経つのも忘れてしまうくらい見とれてしまいます。ホタルたちはこの後、土の中でさなぎとなり、50日前後で羽化します。今年もホタルの光に出会えるのが楽しみです。

   

 

5月18日 月曜日  天気:曇り時々雨   気温:19℃

 幼虫が土の中でさなぎになり始めて20日が経過しました。ホタルの幼虫は土の中で繭(まゆ)を作って成虫になる準備をしています。(写真上)この繭を土繭(つちまゆ)と言うそうです。

 今日は水そうに植物を入れ、成虫になったホタルが逃げないようにネットを張りました。(写真左下)水そうを横からのぞくと・・・なんと!ホタルが成虫になっていました。(写真右下)土の中で今まさに出てこようとしていますね。

 今年は、冬から春にかけて気温が平年よりも高かった影響でホタルの見ごろが少し早くなるそうです。矢向小で育てているホタルもそろそろ見ごろを迎えそうです。学校が再開され、子どもたちと観賞ができることを願っています。

   

 

5月28日 木曜日  天気:晴れ 気温:24℃

 成虫になったホタルの姿が確認され始めました。一水槽あたり10匹前後見られます。夜になると幻想的なホタルの光が見られとてもきれいです。

 学校の再開も決定され、見頃となる6月3日~5日に校内でホタル観賞が行えそうです。子ども達がいる時間帯にホタルの光が届けられるように明日、市川さんと飼育環境を整備する予定です。

   

 

5月29日 曜日  天気:晴れ 気温:27℃

 市川さんにお越しいただき、昼の時間にホタルの光が見られるように、飼育環境についてのアドバイスをいただきました。夜の時間(暗い状態)を9時間 昼の時間(明るい状態)を15時間つくることができれば、光る時間を調整できるそうです。そこで、今日から森の広場を児童がいる昼の時間帯を暗い状態にし、夜を照明により明るくして調整していきます。初めての試みで自然が相手なので都合よくいくか心配ですがうまくいくとよいです。

   

 

6月3日、4日 水、木曜日

 学校再開一週目、久々に子ども達の声が学校に戻ってきました。ホタル観賞会は二日間に渡って行われました。三つの密を避けるよう換気をしながら少人数で行いました。例年と違った観賞会ですが、目の前でホタルの光を見ることができ、どの子も目を輝かせていました。ここで子ども達の感想をいくつか紹介させていただきます。

7組 ホタルをそだててくれてありがとうございます。きれいすぎてかんどうしました。またやってほしいです。

年生 素敵なホタルの絵を描いてくれました。(写真左上)

年生 「ホタルさんを見たら、うごきながら光っているホタルさんを見つけました。とても楽しかったです。」

3年生 「わたしは、ホタルを見て感動しました。すごくきれいで、星みたいでした。こんなにきれいなホタルをみせていただきありがとうございました。」

4年生 「ホタルが見られてとてもうれしかったです。ホタルをずっと見ていたかったです。また来年、ホタルを見るのが楽しみになりました。ありがとうございました。」

年生 「夜では無かったのに、部屋が暗くてとても見やすかったです。近くで初めて見たので、いつもよりきれいに見えました。最高の形でホタルをみることができました。」

年生 「水そうの中のホタルが小さな森で星のように光輝いているようでとてもきれいでした。私たちのためにがんばってくれたことがうれしく思います。ホタルを育てるのは大変だと思いますが、これからもホタル観賞会を楽しみにしています。」