自分で考え、表現し、挑戦し続ける子。

【知】分かる喜びやできる楽しさを味わうことを通して、確かな基礎・基本の習得のもと、自ら問いかけ、自ら解決する子どもを育てます。

【徳】多様な触れ合いの場を通して、お互いの良さを認め、自分を高め、よりよく生きようとする子を育てます。

【体】体力づくり・仲間づくりを目指した体験的活動を充実させ、命の尊さを知り、健やかな心と体を育むために努力する子を育てます。

【公】体験的触れ合い活動を充実させ、地域に学び、地域を愛する子を育てます。

【開】伝える・聞くなどのコミュニケーションカを育て、食・福祉・環境などの今日的課題についての考えを深め、実践する子を育てます。