校歌

作詞:苅谷影嘉  作曲:松井健祐 
 

1番
 榎の下城址見おろして
 旭ヶ丘の学び舎は
 緑の森にかこまれし
 歴史は古き新治校

2番
 朝な夕なに仰ぎ見る
 富士の高嶺にちかいつつ
 清らに鍛う身と心
 ああなつかしの新治校 

3番
 若き血潮をたぎらせて
 希望に燃ゆる六歳月
 楽しく学び育くまる
 久遠に栄えあれ新治校
旧校舎
 
校歌は1955年(昭30)7月16日に制定されました。

学区全戸より応募審査の結果、地元三保在住の
医師苅谷影嘉氏の詞が選ばれました。

作曲は当時横浜市教育委員会指導主事の
松井健祐氏に依頼し今日の校歌ができました。

 

  

 

校章

 校章

私たち新治小学校の校章の由来

 柏の葉は、めでたく、質実剛健である様子を表しています。
 また、葉が3枚あるのは、「新治」「三保」「十日市場」3町の和合を象徴しています。
 さらに、3つの尖りは、横浜の頭文字のYの尖端を意味しています。

 昭和24年12月に学区全体より募集し、石井清氏の案が採用され、校章として制定されました。