ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム北山田小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

校舎全景

更新情報

学校だより12月号

2020年11月30日

授業研究会 ~プログラミング教育②~

2020年11月27日

 今日は、2回目の授業研究会でした。2年生の算数「さんかくやしかくの形をしらべよう」と4年生の図工「歩いてのぼって転がって へんてこ山のへんてこアニメーション!」の単元で行いました。

 2年生は、iPadのアプリ「プログラミングゼミ」を使い正方形や長方形を描きました。キャラクターの進む長さを工夫し、長方形や正方形を描くプログラムをつくり、実際に動かしてみました。最初は戸惑っていた児童も操作に慣れるにしたがって、正しく図形を描けるようになりました。いろいろな大きさの長方形ができ、お互い見合うことで図形の理解も深まりました。

 4年生は、iPadのアプリ「Flipa Clip」を使い、あらかじめ完成させておいた「へんてこ山」の絵を背景に取り込み、そこにアニメーションを重ねて、へんてこ山に込めた思いを表現しました。山の上からおにぎりが転がったり、新しいキャラクターが自由に動きまわったり、様々な表現が生まれ見ていてとても楽しかったです。

 今後、一人1台タブレットが使用できるようになります。ICT機器をツールとして自由に使えるようにこれからもいろいろな経験を積めるように学習を進めていきます。

 

日本の文化を伝えよう

2020年11月27日

6年生の国語の単元に「日本の文化を発信しよう」があります。個々の学習では、日本文化について調べ、そのよさが読み手に伝わるように構成や絵、写真の見せ方を工夫してパンフレットにまとめます。さらに、パンフレットの作成をパソコンで行い、文章をキーボード入力したり、絵や写真の大きさ位置をいろいろ変えながら工夫したりしました。

 完成した作品を図書館に置き、自由に読んでもらうようにしています。今人気のアニメの影響があるのか「和模様」のパンフレットが人気です。 素敵に飾られているので、みなさんにぜひ手にとってもらいたいと思います。

 

 

今だから必要なことを!委員会活動編

2020年11月27日

 委員会活動のねらいは、児童が学校生活上の課題を異学年で協働して解決することです。今年度の委員会は、特に前年度を踏襲することなく、「今、学校にとって解決が必要なことにみんなで取り組んでいこう」という姿勢が強く感じられます。

 中休み、職員室前の廊下を清掃する子どもたちに声をかけたら「環境委員会です」と言われました。校内の清掃時間が限られている中、普段より汚れが目立つ場所を環境委員会で清掃することになったそうです。みんなのために自主的の取り組む姿が頼もしいです。

 給食前に「パクパクだより」を放送で読んでくれているのは、給食委員会です。今までは、教室で当番の子が読んでいましたが、対面で読むことのリスクを避けるためもあり放送で読むことにしました。高学年なので、読むときにちょっとしたダジャレを添えたり、自分の給食体験談を盛り込んだりと工夫してくれています。

 飼育小屋のウサギたちのお世話を熱心にしてくれているのは、飼育委員会です。休校中から進んで手伝ってくれる児童がたくさんいて助けられていました。今は、飼育委員会がしっかり活動しています。「うさぎの毛はふわふわでかわいいよ」は委員会児童のことばです。生き物にやさしい子どもたちがたくさんいて嬉しいです。

 

 

 

 

本を読もう! ~読書週間~

2020年11月13日

 11月2日(月)~20日(金)は、『北山田小学校の読書週間』です。読書週間では、図書委員会の子どもたちが北山田小学校のみんなに読書の楽しさを伝えたり、本をたくさん読んでもらったりするために考えたいろいろな取り組みが行われています。5冊以上本を借りた人にプレゼントされるしおりは、子どもたちと司書の先生の手作りです。かわいいしおりをゲットするために本を借りてくれる人たちもいます。

 

「きょうはなんのひ」  瀬田貞二作 林明子絵

「都会のトムソーヤ」 はやみねかおる作

「13カ月と13週と13日と満月の夜」 アレックス・シアラー


また、11月10日の放送朝会では、図書員会の子どもたちが、次の3冊を「ミニミニビブリオバトル」で紹介しました。興味をもった人は、昇降口に置いてあるので手に取って見てください。

そして、4年生が「ノンフィクション作品」の紹介POPを作ってくれました。図書館の中と外の掲示板いっぱいにPOPと紹介している本が飾られています。力作ぞろいです。

 

 さらに、先生のおすすめの本もメッセージとともに昇降口に飾られています。こちらも興味をもてる本があったら読んでもらえるといいなと思います。たくさんの取組をしている北山田図書館です。読書の秋に是非、ご家族で話題にしていただき、本に親しんでいただけると嬉しいです。

授業研究会~プログラミング教育~

2020年11月6日

 本校では全教員が参加して、授業改善を目的に授業研究会を行っています。今年度は、プログラミング学習について、大学の先生のご指導も受けながら研究を進めています。そして、10月30日(金)に第1回目の授業研究会を行いました。

 プログラミング教育では、ICTを活用して「プログラミング的思考」を育成することを目指します。現代は、PCやタブレットなどの情報機器やサービスとそれによってもたらされる情報を適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な社会になっています。そのような世の中で生きていく子どもたちにとって、コンピューターを理解し、上手に活用していく力を身に付けることは、将来どのような職業に就くとしても極めて重要になってきます。そこで、新学習指導要領の改訂に伴い、小学校から段階的にプログラミング教育が導入されることになりました。

 

 今回の授業研究会では、1年生の「図工」と6年生の「よこはまの時間」における活用について授業提案されました。タブレットを上手に扱い身近な問題を解決しようとする姿や、自分の思いを表現するために何度もプログラムを組み直す姿が見られました。授業後の研究会では、子どもたちのもっている力を十分に発揮できるようどのように授業を改善していくのかについて活発な討議が行われました。新しい学習内容ではありますが、子どもたちをひきつける要素はたくさんあります。今後も効果的な授業を目指して取り組んでいきたいと思います。

 

 

個別支援級お別れ会

2020年11月2日

 10月26日(月)、転校する友達のお別れ会を行いました。今日のプログラムは高学年の児童が中心となって行いました。一人一人の見せ場を考えたり、みんなが楽しめるゲームを入れたりして準備を進めました。
 本番の今日は、それぞれ好きな仮装をして、爆弾ゲームやドンじゃんけんをしました。最後に「パプリカ」を踊り、楽しい会のしめくくりをしました。転校してしまうお友達とのよい思い出になりました。

 

 

横浜市民防災センター見学

2020年11月2日

  4年生は今年度初めての校外学習に出かけました。市民防災センターにて、新聞紙を使ったプログラムでは、災害時に役立つ簡易スリッパの作成を行いました。折り紙の要領で簡単に作成することができました。また地震シミュレーターや減災トレーニングを通して、自然災害の恐さや、自然災害時には落ち着いて行動する事が難しい事を体験しました。

 

 

委員会活動が始まりました

2020年11月2日

   今日(10月23日)から、委員会活動が始まりました。委員会活動のねらいは、楽しく豊かな学校生活をつくるために、5年生と6年生が学校のリーダーとして協力し、活動を計画したりその実施に向けて役割を果たしたりする力を付けることがねらいです。

 北山田小学校には、次のような委員会があります。今年度はいつもと同じような活動はできないですが、それぞれ工夫した取り組みを行うようです。新しい子どもたちのチャレンジに期待しています。

 集会 ②運営(児童会) ③運動 ④保健 ⑤環境 ⑥飼育・栽培 ⑦情報 ⑧広報 ⑨給食 ⑩図書

そして、委員会スタートにあたり次のような意気込みを語ってくれました!

 

『5年生は、初めての委員会活動!6年生は待ちに待った委員会活動!活動期間は半年ですが、学校のために頑張ります!』

 

 

 

 

ご参観ありがとうございました

2020年10月22日

 

 10月18日(日)、心配していた天候が回復し、雲の間から時折お日様も見ることができました。少し肌寒さはありましたが、大きなけがもなく無事運動会を終えることができました。保護者の皆様には、たくさんのご協力をいただき、本当にありがとうございました。

 いつもと違うところはたくさんありましたが、それでも、大勢の参観者に見守られての晴れの舞台に力が入ったようです。どの学年も一番良い演技でした。「目標をもって努力し、その成果を発表し、褒められる」そういう機会だったのではないかと思います。子どもたちへの大きな拍手をありがとうございました。

 運動会が終わり、ちょっと気が抜けた様子も見られました。でも、これから、校外学習にも出かけます。限られた教育活動の中でも、学校でなければできない友達との協働、仲間づくりなどに取り組んでいきたいと思います。

 ◆運動会が終わって、テーマに「運動会頑張ったね!みんなの努力と協力で心がつながりました!」の一言と、マスコットたちのことが添えられました。

 

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる