ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム仏向小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

仏向小学校 校地空撮

・10月以前に掲載した休校期間、分散登校中のお知らせについては、直接学校にお問い合わせください。

令和4年度入学式について 

仏向小学校の令和4年度の入学式ですが、「入学のしおり」でお知らせした内容で実施予定です。保護者の方の参加人数は、1家庭につき、お二人までとさせていただきますので、よろしくお願いいたします。やむを得ず、未就学児のお子さまや兄弟姉妹のお子さまの参加が必要な場合は、学校までご相談ください。

 

大切なお知らせ【3月28日(月)】

文部科学大臣から「不安や悩みがあるみなさんへ」という内容でメッセージがあります。
 

メッセージ

小学生のみなさんへ

20220328-101230.pdf [226KB pdfファイル] 

保護者や学校関係者等のみなさまへ

20220328-101257.pdf [189KB pdfファイル] 

子供のSOSダイヤル等の相談窓口

https://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06112210.htm

相談窓口PR動画「君は君のままでいい」

https://youtu.be/CiZTk8vB26I

 

入学説明会資料【2月11日(金)】

20220210-155159.pdf [3189KB pdfファイル] 

 ※閲覧には以前配付したお便りに記載されているパスワードが必要です。

 ※資料内のQRコード・URLから説明動画を視聴いただけます。

 

 

 

自主療養の開始のお知らせ【2月2日(水)】

20220202-080152.pdf [190KB pdfファイル] 

  

「仏向町ってどんな町?屋上から見てみよう!」

 3年生から、新しく社会科の授業が始まりました。自分たちの住んでいる仏向町がどんな町なのか改めて考えてみると

「あれ、意外にこれしか知らないや」「ここ、どうなっているのだろう」と疑問の声が上がりました。そこで、屋上からよく見てみることにしました。「学校の南側は森が多いね」「東の方には駅やお店、さらに遠くにはビルも見えるよ!」「あれ、坂の下のほうは隠れてよく見えないな」といった新たな発見や疑問がたくさん見つかりました。さらなる疑問を解消するために、これから3年生は町たんけんに出かけます。どのような発見と学びに出会うのでしょうか。                                                             (5月2日・第3学年)
 

  

「まちたんけんで大はっけん!」

 4月20日(水)にまちたんけんにでかけました。春のまちに何があるか、仏向のまちに何があるか見つけに行きました。到着したのは「山本温室園」。ビニールハウスには何列もトマトが実っていたり、収穫されていたトマトは赤だけでなく紫や黄色、オレンジのものがあったり、おどろきの連続でした。「野菜が苦手な人も自分で育てるとおいしいよ。」という山本さんのお話を聞いて、「キュウリ育ててみようかな。」「ナスを育てて食べてみようかな。」と話しながら帰ってきました。                                                             (4月26日・第2学年)
 

  

 

「おいしい給食いただきます!!」

 給食が始まりました。当番表を確認して、白衣を着て給食を受け取りに行ったり、台をふいたりするなど全員が自分のお仕事をしました。初めての給食なのに、進んで仕事をしようとする姿がとても立派でした。牛乳パック開きも挑戦しています。

 子どもたちからは、「給食がおいしかった。」「明日の給食も楽しみ。」という声が聞こえてきます。感染症対策も理解し、全員一方方向を向き、黙食しています。ピカピカの1年生、毎日とても頑張っています!                                      

(4月19日・第1学年)

 

 

令和3年度

 

 

 3月18日に卒業証書授与式が行われました。6年間の小学校生活を終え、心も体も大きく成長した6年生の姿が見られました。門出の言葉では、入学式から始まり、卒業を迎える今の気持ちまで、一人一言ずつ伝えました。学年そろった練習が制限されたため、本番の見通しがもてない部分もあった中で、最高の卒業式をつくり上げてくれた6年生!

 中学校という新しい環境でも、活躍してくれることを期待しています! 

(3月18日・第6学年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5年生の解散式として、学年レクと5年生の振り返りを行いました。学年レクでは、しっぽ取りを楽しく行うことができました。その後、学年目標を基に自分たちができるようになったことや、6年生の目標を全体で考え、話し合いました。この1年間で大きく成長し、更なる成長が期待できる子どもたちを頼もしく感じました。

(3月17日・第5学年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5年生が総合の学習で作った「ボッチャ」のセットを各学年にプレゼントしてくれました。「ジャック」と呼ばれる中央の白い玉に近づくように2手に分かれて、赤と青の玉を投げます。ルールをすぐに覚えた子ども達。休み時間に遊んでいます。「あー外れた!」「次はどこねらう?」と盛り上がりました。様々な制限がある中ですが、しっかりと手洗いをして楽しい休み時間を過ごしてほしいです。

(3月11日・第4学年)

 

 

 

 

 

 

 横浜市防災センターに行ってきました。バーチャルな火を消火器で消したり、震度7の揺れを体験したりと、非常時の動きを体験的に学習しました。学校の消火器や非常灯の場所など社会の授業で学習したことと結び付けながら、防災センターの人の話を聞いていました。終わった後に「家の備えを確認しなくっちゃ」「地震や火事が起きたときにまず、どう動こうかな」と、災害に対する意識を高めていました。

(3月4日・第3学年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年度最後の国際理解教室でした。今までは、フルーツ、干支、有名な場所など、シンガポールの様々な文化を学びましたが、今日は「ミッケ」という本を使って、物を探したり、紙コップと色画用紙を使ったタワーづくりをしました。「シンガポールの小学生がよくやる遊びなのかな。」「もっとシンガポールのあそびや、食べ物をしりたいな。」と、とてもシンガポールに興味をもつことができました。

(2月25日・第2学年)

 

 

 

 

 

 

 

 生活科の学習で春に咲く花を育てています。子どもたちは、それぞれ自分の球根に名前を付けて、水やりをしたり、日に当たるように向きを変えたりして、かわいがっています。先日の授業でも、「もう芽が出たよ。」「早く大きくなってほしいなあ。」と、球根の成長に喜ぶ姿が見られました。1年生と同じように、たくましく、元気に育ってほしいです。

(2月18日・第1学年)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 個別支援学級では、2月4日に橘中学校ブロックの4校でオンライン学習発表会を行いました。仏向小学校は跳び箱・マット・縄跳びのそれぞれに挑戦し、自分で決めた目標を達成しようと頑張りました。感染症対策もあり、お家の方は参観に来られませんでしたが、子どもたちは今までの練習の成果を精一杯発揮することができました。学習発表会を通して身につけた自信や、あきらめずに取り組む気持ちをこれからの生活に生かしていってほしいです。

(2月4日・個別支援学級)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  5年生は1月20日・21日に上郷宿泊体験学習に出かけました。感染症対策をしながらで一部制限はありましたが、自然の森の観察やキャンドルファイヤー等、自分たちで事前に準備してきた活動を目一杯楽しむことができました。これからは仏向小学校の最高学年を受け継いでいく準備が始まります。残りの2か月益々の成長と活躍を期待しています。(1月28日・第5学年)

 

 

 

 

 

 

 

 

  新年もよろしくお願いいたします。新たな年を迎え、書き初めを行いました。1年に一度の機会にも関わらず、落ち着いて文字を書く姿を見ることができました。6年生の書いた文字は「将来の夢」です。文字にふさわしく、堂々とのびのびと書くことができていました。片付けの時には、自分からみんなの役に立とうとする子どもたちがいました。残り2か月で卒業を迎える今、子どもたちの成長を感じることができたことをうれしく思います。

(1月21日・第6学年)

 

 

 

 

 

 

 

 

  社会科「地域の安全を守る」の学習で、学校の消防設備を調べました。子どもたちは、学校には防火シャッターや消火器、消火栓、救助ぶくろ、熱感知器、けむり感知器などの消防設備があり、火事に備えていることを調べました。それぞれの消防設備がある理由やその役割について話し合って考えました。

(1月14日・第3学年)

 

 

 

 理科「ものの温度と体積」の学習で、初めて理科室を使い始めました。今回の実験は、水は温度によって体積が変わるのかを調べます。理科室でのルールをしっかり守り、実験結果から水も空気と同じように温めると体積が大きくなり、冷やすと体積が小さくなることに気づきました。安全に楽しく学習することができました。

(12月24日・第4学年)

 

 

 

 芸術鑑賞会として、劇団影法師さんによる「ゲゲゲの鬼太郎」を鑑賞しました。素敵なお話と、楽しい演出の数々に子どもたちの目は釘付けになっていました。公演終了後には、舞台裏も見学し、牛の皮で作られた人形を触らせていただきました。「また劇が見たい。」や「影絵をやってみたい。」という声がたくさん聞こえてきました。

(12月18日・第2学年)

 

 

 

 

 

 人権週間の取組の一つとして「手話体験」をしました。「虹の会」の方々にお越しいただき、耳の聞こえない方がどのようにコミュニケーションをとっているのか、私たちの知らないさまざまな方法を教えていただきました。中でも、日常の挨拶や、先生の名前を手話で表したり、スポーツをジェスチャーで伝えたりする場面では、興味をもって真剣に話を聞いていました。子どもたちは楽しみながら、「人に伝える」ということを学ぶことができました。(12月10日・第1学年

 

 

 

 

12月2日(木)の1・2校時に、一般社団法人ヨコハマ・インクル・ボッチャ・ラボ( https://incluboccia-lab.com )の佐塚さんをお招きして、ボッチャを通して人権を考える授業を行いました。ボッチャはパラリンピックでも行われた、障害の有無にかかわらず、だれもがみんな楽しめる競技です。実際にボッチャで遊ぶことを通して、だれもがみんな楽しめるための工夫があることに気付いたようです。また、これからのボッチャの可能性や普及の計画についてのお話を聞き、自分たちにも何かできることはないかを考えています。

12月3日・第5学年

 

 

 

    

  

  

  

 個別支援学級のみんなで協力して作った校内地図が完成しました。次のステップアップとして、人との関わりに着目した「仏向小ブリッジプロジェクト」が進行中です。55人の教師にインタビューをしながらコミュニケーションを図ったり、そこで得た情報をもとに先生クイズを作ったりしながら繋がりを深めていく学習です。活動を行う中で、聞き方や話し方を褒められ自信をつけている子も多く、日々楽しそうに取り組んでいます。

(11月30日・個別支援学級

 

 

    

  

  

  

  

 

 6年生は、「卒業文集実行委員」や「卒業式実行委員」が中心となって卒業への準備を着々と進めています。6年間の小学校生活を改めて振り返ってみると、思い出が盛りだくさん。「あっ!そんなこともあったよね!」と懐かしそうに話し合いながら文集の内容を決める姿も見られました!また、卒業式は、「自分たちで創り上げるという意識で参加してほしい。」という担任の願いも取り入れつつ、子どもたちの「思い」を前面に出したものとなるよう進めていけたらと思います。

(11月19日・第6学年

 

 

    

  

  

  

  

 5年生は、ロイロノートを使ったり、紙に直接書いたりしながら、オリジナルタウンをつくり、自分の町の道案内をしました。「Where is the~?」「You can see it on your left.」などのやりとりを友達と楽しむ様子が見られました。授業後には、「緊張はすると思うけれど、外国の人に話しかけられても道案内できると思う!」というふり返りも多く見られました。これからもコミュニケーションをすることを楽しみながら外国語の学習を進めていきたいと思います。

(11月12日・第5学年)

 

    

  

  

  

 昼休みが終わるチャイムの音ですぐに教室へ戻ってくると、しっかり気持ちを切り替えて真剣に掃除に取り組んでます。さすが!

机を運ぶ人、ほうきで掃く人、ぞうきんがけをする人…みんなの力で学校をきれいにしています。ふりかえりまでの流れもスムーズです。掃除後は、教室も気持ちもすっきりします。

(11月5日・第4学年)

    

  

  

 書写の様子です。今年度から、新しく毛筆を学習し始めました。初めのころは「墨が手についちゃった」「床を汚しちゃった」と墨汁に扱いに四苦八苦していましたが、今では上手に学習しています。書き終わると「かけたよ」と嬉しそうな表情で作品を見せに来ます。出来上がった作品どれも味わい深くとても素敵ものでした。

(10月29日・第3学年)

    

  

 明日はついにたかの子オリンピックです。今日は雨天のため、体育館で最後の練習を行いました。1年生のお手本になれるよう、静かに先生の話をよく聞いて、すばやく行動する姿がとても立派で、さすが2年生だと感じました。「今日は早く寝て明日頑張ろう。」という声も聞こえました。競技も応援も全力で頑張ってほしいと思います。

(10月22日・第2学年)

    

 生活科の学習で育てた朝顔の花を摘んで、色水遊びをしました。

赤、紫、青といった鮮やかな色水ができたとき、「わぁ、きれい!」と子どもたちから歓声があがりました。植木鉢の朝顔は枯れてきましたが、色水をどのように活用していくかクラスごとに話し合い、思い思いの活動へと続いています。

(10月15日・第1学年)

  

 4,5組での生活科・総合的な学習の時間の授業が順調に進んでいます。「私たちの周りにはどんな人がいるのだろう」という問題を解決するために学校探検をして調べたことをまとめた学校地図がついに完成しました。地図の完成から先生の名前を覚えたかどうか、先生クイズをしました。子ども同士で、問題を出す人と答える人に分かれ楽しみながら取り組んでいます。夏休み明けには、この活動がどんどん広がっていき、それぞれの子どもたちが活躍できる場が増えていくといいなと思っています。

(7月26日・個別支援学級)

 最高学年が板についてきた6年生。委員会、クラブ活動へ意識高く取り組んでいます。また、ペア学年の1年生とは、これまで給食や掃除を通して絆を深めてきました。最近は、名刺交換をしたり総合的な学習の時間でもかかわったりしています。先日、「第1回KIZUNA祭」に1年1組を招待しました。約2か月間をかけて準備をし、出店や神輿、そしてダンスライブを行って1年生との「KIZUNA」を深めました。

(7月19日・第6学年)

 

   

 

 

 

   

 5年生は先日、体育館で学年レクを行いました。体をたくさん動かして、自分たちで声をかけ合いながら目一杯楽しむ姿が見られました。残念ながら1月に延期になってしまった上郷宿泊体験学習ですが、今以上に成長して、自分たちでよりよい学習を作り上げていこうという気持ちも再確認しました。気持ちを切り替えて前向きに学校生活を送ろうとしている子どもたちは輝いていました。

(7月16日・第5学年)

 

   

 

 

 

 

 集会委員会の企画で、休み時間に集会を行いました。「仏向小へ行こうよ」の歌に合わせて、子供同士が集まって座るゲームをしました。クラスをこえて、子供同士で声を掛け合い、協力しながら集まる様子が見られました。集会委員の6年生が、積極的にサポートをしてくれとても楽しめたようです。子どもたちからは、「楽しかった。」「クラスでもやってみたい。」という声がたくさんあがりました。

(7月9日・第2学年)

 

   

 


 

 

 今年度、4年2組の総合的学習は「仏向小の緑を増やそうプロジェクト」に取り組んでいます。社会科の学習で生ゴミが堆肥になることを知り、実際にやってみようということになりました。その堆肥を使い、一人ひとり育てたい植物を育てていきます。6月中旬から家庭から出た生ゴミを乾燥させ、活動をスタートさせました。写真は生ゴミと米ぬかと黒土を混ぜている様子です。これをペットボトルに入れ、生ゴミが分解されるのを待ちます。生ゴミが減り、植物が元気になり、もしかしたら地球温暖化の学習にもなるこの活動、一石?鳥になるかな。

(7月2日・第4学年)

   

 


 今年も個別支援学級では「学校の地図作り」にチャレンジします!

まずは学校の中をみんなで探検。ピカピカの新校舎に驚いたり、

それぞれの交流級を紹介しあったり、、、

雨上がりの屋上からは、きれいな青空と遠くにランドマークタワー

がくっきりと見えていました。

出来上がった地図は1階と2階の廊下にそれぞれ掲示する予定です。

完成をみんな楽しみにしています。

(6月4日・個別支援学級)

 第1回目の代表委員会が行われました。

議題は「児童会テーマを決めよう」です。初めての代表委員会とは思えないほど、活発に意見が飛び交い、よりよい決定をすることができました。提案者・信仰の運営委員会の6年生もしっかりと意見をまとめていました。原案:児童会テーマ「友達いっぱい 楽しさいっぱい みんなでわくわく 夢いっぱい」の「みんなでわくわく」が「みんなで学んで」というテーマに変わりました。遊びも含めて、学校は「学ぶところ」だから、ということが主な理由でした。このテーマに、全校のみんなが向かっていけるがっこうにできるよう、力を合わせていこうと思います。

(5月26日・第6学年)

  がんばったときにもらえるニコちゃんポイントがたまったので、クラスでお楽しみ会をしました。係の出し物として、お笑いを披露したり、折り紙で作ったプレゼントを渡したりと和やかな時間を過ごすことができました。自分たちで自主的に動く姿に「さすが高学年!」と感心しました。

(5月10日・第5学年)

 理科の授業で春の植物や動物を探しに行くと「先生!」と呼ぶ声が校庭に響きました。呼んだ子の元へ行くと、なんとそこにはヤモリがいました。ヤモリが驚かないように優しく触れ合うことができました。他にも春を感じられるツツジやモクレンを観察することができました。

(4月30日・第4学年)

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる