「大規模地震特別措置」に基づく警戒宣言や大規模地震、暴風警報発令などの緊急災害時に備え、児童の保護対策を次のように定めています。

 

   災害・警報等 学校の対応 家庭の対応

横浜市内

(県全域または県東部)

午前6時の時点で
暴風警報」

「大雪警報」
「暴風雪警報」

「特別警報」
発令継続中の場合

 

・横浜市立学校

 一斉臨時休校

★原則として、メール配信を使っての連絡は行いません。
○はまっ子も臨時休業です。

 

○テレビ・ラジオ等により状況を把握し、児童の登校は中止してください。

○警報が解除されても登校の必要はありません。

② 

①の警報ではないが、
大雨、洪水、大雪等のとき

原則として通常授業

状況を把握して変更することもあります。欠席・遅刻の扱いにはなりません。
★原則として、メール配信を使っての連絡は行いません。

 

○地域の状況を把握され、ご家庭の判断で登校を決めてください。

大規模地震
(横浜市内で震度5強以上)

 

・警戒宣言並びに地震予知情報が発令された場合

・原則として
当日および翌日は
休校


○学校再開の連絡
は、校門前の貼紙
をご覧ください。

(メール配信が届かない場合もあります。)


・警戒宣言が解除されるまで、学校は休校です。
(学校からの連絡はありません。)

○登校は中止してください。

横浜市内

(県全域または県東部)
暴風警報」

「大雪警報」
「暴風雪警報」

「特別警報」
が発令された場合および、

「震度5強に達していないが危険と判断する地震」

授業を打ち切り、
集団下校
または引き取り下校を行います。

★メール配信を使って、下校の内容を伝達します。
○テレビ・ラジオ等により状況を把握し、できるだけ外出を控え、家庭のどなたかは自宅で待機してください。

の警報ではないが、
大雨、洪水、大雪等のとき

・その他の警報については、学校長が直ちに下校させたほうが安全と判断した場合には、上記に準じて下校させます。状況により、児童の引き取りをお願いする場合もあります。
大規模地震
(横浜市内で震度5強以上)
・警戒宣言並びに地震予知情報が発令された場合

・横浜市立学校

一斉引き取り下校 

・児童を学校内の安全な場所に避難させ、保護者の迎えが来るまで学校で保護します。

・学校が避難場所になります。

★状況等の変化により、学校長の判断で対応が変わることもあります。

○学校からのメール配信が、
すぐにはできないことがあります。


○状況を把握し、児童を引き取りに来てください。

〈お願い〉

 ・緊急時の対応について、家族で話し合いましょう。
 ・大規模地震(横浜市内が震度5強以上)のときは、保護者の迎えが来るまで学校で保護します。