「大規模地震特別措置」に基づく警戒宣言や大規模地震、暴風警報発令などの緊急災害時に備え、生徒の保護対策を次のように定めています。

A 大規模地震警戒宣言が発令

 1.登校前  休業です。登校させないでください。7:00前に解除された場合は通常授業です。

 2.登校中  休業です。登校した生徒は、基本的に学校で保護します。

       保護者の方は、引き取りに来てください。

 3.授業中  授業を打ち切り。生徒は、基本的に学校で保護します。

       保護者の方は、引き取りに来てください。

 4.下校中  できるだけ早く、安全に帰宅してください。

       生徒が校内にいる場合、学校で保護します。引き取りに来てください。

B 大規模地震(市内のいずれかで震度5強以上)が発生

 1.登校前  休業です。登校させないでください。

 2.登下校中 学校か自宅か、危険の少ないと感じる方に向かってください。

       生徒は、基本的に学校で保護します。引き取りに来てください。

 3.授業中  生徒は、基本的に学校で保護します。引き取りに来てください。

 

C その他風水害等による臨時休業

 横浜市内(県全域、県東部、横浜・川崎)に、午前7時の段階で、

暴風警報」「大雪警報」「暴風雪警報」「特別警報」が発令継続中の場合、

横浜市一斉に臨時休業となります。

 なお、登校後に発令された場合は、速やかに授業を終えて下校するなど、

生徒の安全確保に努めます。