ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム奈良の丘小学校

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

 

奈良の丘小学校校舎

ようこそ!奈良の丘小学校ホームページへ!

 子どもたちの様子は「奈良の丘小日記」をご覧ください!!

更新情報

電子工学クラブ 動くおもちゃ作成

2019年11月20日

 7月のクラブ活動から、5回にわたって作成していた動くおもちゃが、ついに完成しました!

 異学年が混ざった4つのグループでそれぞれ計画、実験、改良を繰り返してきました。

ふね ソーラーカー

風車 ふね2

 「うまくいったから、別のことを試してみよう」という班や、「こんなはずでは!」「動いたけどぐるぐる回っちゃう」などと、うまく完成できないグループもありましたが、すべての経験は成功のもと。

 また次に生かしてほしいです。

4年生 月の観察

2019年11月20日

  11月5日(火)に月の出を、19日(火)に月の入りを観察しました。

月 

つき3 月2 

 屋上に出た子どもたちは最初、「どこ?」「ないよ!」と大騒ぎ。夜の光る月に見慣れていると白い昼間の月はなかなか探せないようです。

 プラネタリウムで教わった、げんこつを使った空の角度の測り方を思い出し、「何度くらい?」と位置を観察していました。

 30分ごとに見に出てみると月の位置は大きく変わっており、「え、こんなに変わるの?!」と驚いている様子でした。

5年 稲刈り

2019年10月28日

稲刈り 稲刈り

 10月24日(木)に稲刈りを行いました。いつもお世話になっている地域の方に狩り方のポイントをご指導いただき、これまで育ててきたバケツ稲を刈りとりました。なかなか刈ることができなかったり、刈ったあとまとめることに苦戦したりしながらもすべて刈り取ることができました。この後このお米をどうしていくのか、子どもたちと話し合いながら学習を進めていきたいと思います。

5年 御殿場宿泊体験学習

2019年10月28日

御殿場 御殿場

御殿場 御殿場

御殿場 御殿場

 10月21日(月)22日(火)に5年生は御殿場宿泊体験学習に行ってきました。2日間で奈良の町とは違った自然の中での活動を楽しみました。1日目は「寒沢の源流を訪ねる」というプログラムで、川沿いを歩きました。数日前の台風の影響で源流までの歩道が崩れていたので、源流までいくことはできませんでしたが、自然の音を楽しみながら歩くことができました。午後は、カヤの実ホイッスルを作ったり、夕食後にキャンドルファイヤーを行ったりして楽しみました。

 2日目は「ふじさんぽ」を行いました。あいにくの空模様でしたが、この天気でしか味わうことのできない貴重な体験をすることができました。普段のルートとは違った森林コースで登り、後半は砂走りを楽しみました。インストラクターさんに教えていただいた「どんな天気もいい天気」を忘れず、楽しむことができました。

 2日間の経験を通して、めあてにしていた「けじめ」と「チャレンジ」を意識を高めることができたことや、普段の学校での活動とは違った環境での取り組みを通して、友達のよさに改めて気づくことができました。

4年生 愛川宿泊体験学習

2019年10月23日

 10月15,16日に愛川宿泊体験学習にいってきました!

 始業式後に全校に見送られ、学校を出発!

 まずは、レインボープラザでの藍染め体験・手織り体験です。

 自分で選んだ体験を行いました。

あいぞめ1 aizome 2

 染料の独特なにおいや、空気に触れると変わる色におどろきながらそれぞれの作品をつくりました。

「思ったよりうまくいったよ!」

「こんなはずじゃなかったんだけど、でもこれもいいかも。」などと言いながら、満足のいくものが出来上がったようです。

ており1 teori2

 一方、手織り体験では、縦糸を張った機械に横糸をすべらせ、コースターを作りました。

 難しい…と苦戦しながらもねばりづよく作り上げたコースターに、喜びもひとしおです。

 

 愛川ふれあいの村で過ごす時間の多くは小雨がしとしとと降ったりやんだりしていました。

 そのため、楽しみにしていたキャンプファイヤーはキャンドルファイヤーに変更となり、すこし気分が盛り下がっている様子。

 しかし、いざキャンドルファイヤーが始まり、一人一人が持つろうそくに火がともると子どもたちの顔も光がともったように明るくなりました。

 1時間、思いっきり踊ったり声を出したりした後には「思ってたより楽しかった!!」とすっかり元気でした。

 

 2日目のメインは、宮ケ瀬ダム見学です。

インクライン ダム

 インクラインで60度の傾斜を降りると、ダムの高さをより感じられます。

 いざ、放流の時刻となり、2つの口から水が出てくると、

「わ!にごってる!」

「水しぶきがここまで飛んでくるよ!」

「こんなに勢いが強いんだ!」

と、大興奮。終わってしまうときにはなんだかさみしくなりました。

 

 2日間、大きなけがもなく、無事に帰ってくることができました。

 友達の良いところや自分の成長にも目を向けながら過ごすことができたようです。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる