〇学校では、紙類や印刷用インクをはじめとする消耗品から、授業で必要な学習教材の購入、校舎や教材の故障を修理する修繕料など幅広い学校運営の経費を学校配当予算から支出しています。この学校配当予算は、横浜市の配当基準を元に、教育委員会から学校に配当されていますが、厳しい財政状況の中、年々減少する傾向にあります。また東戸塚小学校では児童数増加に伴い、学校を維持・管理していく運営経費が年々増加し、限られた予算の配分を熟考しながら執行しています。東戸塚小学校では、予算の年間執行計画を立て、購入希望品を関係職員で精査し、教育活動の充実に向け、限られた予算を「無駄なく」「より効果的に」子どもたちに行き届くよう予算運営を行っています。

平成30年度学校予算決算報告書

令和元年度学校予算執行計画書