院内学級のご案内

 院内学級は、横浜市立浦舟特別支援学校の分教室として、横浜市立市民病院、横浜市立大学附属病院および同附属市民総合医療センターと横浜市立みなと赤十字病院の中に設置されています。

 病気やけが等で入院治療が必要な子どもたちのうち、主治医の学習許可があり、学籍の移動(転校の手続き)をした小・中学生が入級しています。

 授業は、病棟の日課や一人ひとりの病状に応じて行うため、時間的制約もありますが、入院中でも学習を進めることにより、病欠席による学習空白を補うとともに健康回復の後にスムーズに前籍校(入院前に通っていた学校)に復帰できるように、通常の小・中学校に準じて進めていきます。

院内学級の生活

  院内学級では、病院のスタッフと密接な連携を図りながら、健康上の配慮はもとより、一人ひとりの学習の進度に応じて、きめ細かい授業ができるように努めています。子どもたちも、元の学校と同様に勉強を続けているという安心感を持って生活しています。また、入院中でも、明るく毎日が過ごせるように、病棟との協力による楽しい行事や学級独自の催しも行っています。 

入級の手続き

※浦舟特別支援学校への転校手続きを行って入級します。

  1. 主治医から学習の許可が必要です。
  2. 【教育相談】院内学級や本校で教育相談を行います。
  3. 【転学手続き】浦舟特別支援学校への転入手続きをします。
           入院前に通っていた学校(前籍校)の転出手続きをします。
  4. 【転学書類の提出】前籍校で受け取った書類を提出します。
  5. 【学習開始】