「大規模地震特別措置」に基づく警戒宣言や大規模地震、暴風警報発令などの緊急災害時に備え、生徒の保護対策を次のように定めています。

各種警報の発表に伴う生徒の登校・下校について

 横浜市内(神奈川県全域または神奈川県東部)に「暴風警報」または「大雪警報」が、午前7時の時点で解除されていない場合は、生徒の安全確保のため「臨時休校」となります

 登校後に「暴風警報」や「大雪警報」が発令された場合は、天候の変化や地域の状況を考慮して学校側で判断します。なお、下校した場合には、「警報」が解除されるまで自宅待機になります。

「大雨警報」や「洪水警報」発令の場合は、「臨時休校」にはなりません。ただし、通学経路の河川の状況によっては、生徒の安全を優先に考え無理な登校をさせないようお願いいたします。

 

老松中学校防災計画

防災計画 [798KB pdfファイル]