創立70周年を終え、新たなる発展を目指します

                          

                            校長 高橋 秀 吉

 

日吉台中学校は昨年度、創立70周年を迎えることができ、子どもたち主体の記念セレモニーや歌手の畠山美由紀さんをお招きしての特別企画も実現することができました。保護者、PTA、地域の方々、卒業生の皆さんをはじめ本校をこれまで支えていただいた多くの方々にあらためて感謝を申しあげます。

 

さて、今年度も約1000人の生徒が在籍する横浜市内でも屈指の大規模校として順調なスタートが切れました。いつも話題にさせていただいておりますが、本校はグラウンドも広く、敷地面積は市内で2番目の大きさです。また、少子化と言われる現在において本校では生徒数が多く、今後も微増の傾向にありますが、子育てしやすい地域、暮らしやすい地域という背景があってのことだと考えます。地域の皆さまのご尽力により本校は発展し続けています。

 

 ところで、日本の教育も今後の変化と発展が大きく期待されています。学習指導要領も新しくなり、今と未来を生きる子どもたちに「生きる力」をこれまで以上に意識して育んでいくことが求められます。本校では生徒会活動や行事、授業の中で生徒主体の活動を更に発展させ、生徒の思考力・判断力・表現力を伸ばしていきたいと思っています。

 

また、日吉台中学校ブロックの4小学校(北綱島小・日吉台小・日吉南小・矢上小)との横浜型小中一貫教育の取組もますます重要になってきます。4小学校の校長と連携をこれまで以上に強め、日吉台中学校ブロック全体で「9年間で育てる子ども像」を共有化しながら教育活動に邁進したいと考えます。

 

保護者、地域の皆さまにもさまざまな機会をとらえて児童・生徒たちを応援していただければ幸いです。本校は今年度もチャレンジを続けてまいります。