「大規模地震特別措置」に基づく警戒宣言や大規模地震、暴風警報発令などの緊急災害時に備え、生徒の保護対策を次のように定めています。

 「特別警報・暴風警報・大雪警報・暴風雪警報・降灰予報」発令時における生徒の安全確保について

  1. 横浜市内(神奈川県全域、または神奈川県東部)に午前6時の時点で発令されている時、
    1校時~4校時の授業は休講となります。
  2. 横浜市内(神奈川県全域、または神奈川県東部)に午前10時の時点で発令されている時、
    5校時~8校時の授業は休講となります。
  3. 横浜市内(神奈川県全域、または神奈川県東部)に午後2時の時点で発令されている時、
    9校時~12校時の授業は休講となります。
  4. 「大雨警報」、「洪水警報」、「~注意報」の場合は平常授業となりますが、安全に留意して登校してください。
「特別警報」とは
気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害が起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波、噴火等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。
 

『気象庁ホームページより抜粋』